神戸市-KOBE-


北区大沢町の取り組み

大沢町の位置 北区の大沢町では、路線バス利用者の減少と減便が繰り返される状況の改善に向けて、地域が主体となり、地域の移動ニーズを把握することにより、将来に向けた地域の足の確保に取り組んでいます。
 北区大沢町では、町内に生活利便施設や公共交通が少ないことから、地域間や生活利便施設へ移動する交通の確保が課題であり、勉強会やアンケート調査など、地域の移動ニーズの把握に努めた結果、平成28年9月から11月にかけてタクシー車両を活用したコミュニティバス「やまびこ」の試験運行を実施しました。

試験運行の取り組み

1. 平成25年の試験運行

 平成24年度に実施した交通に関するアンケート結果を踏まえ、平成25年10月より1年間、路線バスを活用したニーズ検証のための試験運行を実施しました。

2. 平成28年の試験運行

 平成25年の試験運行の結果や、地域の移動ニーズを踏まえ、関係者によりルートやダイヤなどを検討し、タクシー車両を活用した定時運行と注文運行のコミュニティバスの試験運行を3か月間実施しました。

実験の概要
○実施期間
平成28年9月1日〜11月30日

○運行ルート

定時運行
Aルート:地域福祉センター 〜 簾・市原エリア 〜 イオンモール神戸北
Bルート:地域福祉センター 〜 日西原・善入エリア 〜 イオンモール神戸北
Cルート:地域福祉センター 〜 上大沢・神付エリア 〜 イオンモール神戸北
注文運行大沢町内〜イオンモール神戸北(要事前予約)

○運行便数
10便(Aルート 4便、Bルート 4便、Cルート 2便)
 
交通ニュースの発行

大沢町コミュニティバスの取り組みについてまとめています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。