神戸市-KOBE-


北区八多町の取り組み(八多町コミュニティバス「はたっこ」)

八多町の位置 北区の八多町では、路線バス利用者の減少と減便が繰り返される状況の改善に向けて、地域が主体となり、地域の移動ニーズを把握することにより、将来に向けた地域の足の確保に取り組んでいます。
 平成24年度より、地域・専門家・交通事業者・行政で勉強会を開始し、地域の移動ニーズを検討してきた結果、平成27年・平成28年に小型バスによる試験運行を実施しました。試験運行の結果、継続して一定の利用が見られたため、平成29年10月より本格運行を開始しました。

本格運行(H29.10〜)の概要

 平成29年10月2日(月)より本格運行を開始しました。運行開始後も継続した運行とするため、地域のコミュニティバスの取り組みに対し支援を行います。

○運行ルート
屏風辻バス停 〜 岡場駅前バス停、屏風辻バス停 〜 道場南口駅バス停

○運行便数
12便(平日のみ)

○運行系統 ※(  )内は発時間
屏風辻 → 岡場駅前5便(7時15分、8時15分、11時50分、12時55分、15時30分)
岡場駅前 → 屏風辻3便(12時25分、13時25分、16時00分)
屏風辻 → 道場南口駅2便(9時20分、13時55分)
道場南口駅 → 屏風辻2便(6時50分、11時20分)
※一部の便はふれあいセンター・吉尾バス停を通過します。


○ダイヤ
屏風辻 〜 岡場駅前

ダイヤ(屏風辻 〜 岡場駅前)

屏風辻 〜 道場南口駅

ダイヤ(屏風辻〜道場南口駅)

利用促進の取り組み

1. イベントの開催

 毎月1回程度、八多町ふれあいセンター等で、はたっこバスの運行時間帯にあわせたイベントを開催しています。
 詳しくは八多町ホームページ(下記の関連リンク)に掲載しています。

2. 交通ニュースの発行

八多町バスのこれまでの取り組みについてまとめています。

3. バス検索サイトへの掲載

八多町バスのダイヤと運賃の検索はこちら↓

八多町の周辺を含めた路線バス運行系統図はこちら↓

4. バスの愛称「はたっこバス」の決定

八多町の広報紙(ふれまち八多134号)で愛称を募集し、応募の中から「はたっこバス」に決定しました。
八多町を走るかわいい小型バスという意味で、誰もが読めるようにひらがなを使用しています。     

試験運行の取り組み

1. 平成25年の試験運行

 平成24年度に実施した交通アンケートによると、路線バスの見直しを求める声が最も多くありました。そのため、路線バス事業者も含め検討を重ねた結果、平成25年10月より1年間、路線バスを活用したニーズ検証のための試験運行を実施することとなりました。

2. 平成27年の試験運行

 平成25年の試験運行の結果や、地域の移動ニーズを踏まえ、改めて関係者によりルートやダイヤなどを検討しなおし、八多町をきめ細やかに運行可能な小型バスによる試験運行を3か月間実施しました。

実験の概要

○実施期間
平成27年10月1日〜12月28日

○運行ルート
屏風辻バス停 〜 岡場駅前バス停

○運行便数
9便(屏風辻発 5便、岡場駅前発 4便)

3. 平成28年の試験運行

 平成28年の試験運行では、地域の移動ニーズを踏まえつつ、八多町の多くの方が利用できるよう広域に運行するため、平成27年度の運行より道場南口駅に接続するルートを新設した形で、試験運行を実施しました。

実験の概要

○実施期間
平成28年9月1日〜11月30日

○運行ルート
屏風辻バス停 〜 岡場駅前バス停、屏風辻バス停 〜 道場南口駅バス停

○運行便数
12便(屏風辻方面発 6便、岡場駅前発 3便、道場南口駅発 3便)



 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。