神戸市-KOBE-


地域・地区指定による景観形成

最終更新日
2019年8月21日

 都市景観の形成の上で、特に重要な地域・地区を「景観計画区域」、「都市景観形成地域等」、「伝統的建造物群保存地区」などに指定し、重点的に景観誘導を図っています。
 また、神戸市全域を「景観形成指定建築物等届出地域」に指定しています。

(図をクリックするとPDFファイルが開きます。 1,136KB)
景観関連区域図

 計画地がどの地域・地区に該当するかについては、神戸市情報マップ内の「景観関連区域図」で調べることができます。
 神戸市情報マップのご利用に際しては、利用規約の内容をご確認く ださい。

1) 景観計画区域

 景観法(平成16年6月制定)に基づき、良好な景観の形成に関する計画を定める区域です。
 景観計画区域内において、建築物等の新築・増築・改築・移転、外観を変更することとなる修繕・模様替・色彩の変更等を行う場合には、届出が必要です。
 また、景観計画区域においては、景観計画に定められた屋外広告物の表示等に関する制限が神戸市屋外広告物条例に基づく許可基準になります。

 現在、以下の7つの区域を景観計画区域として指定しています。
 各区域における行為の届出等の詳細については、各区域のページをご覧ください。

神戸市景観計画

神戸市景観計画(平成18年2月1日策定)を平成27年12月25日に変更しています。(平成28年3月25日施行)

問い合わせ先

各区域ごとに異なりますので、各区域のページをご覧ください。

2) 都市景観形成地域等

 神戸市都市景観条例(昭和53年10月制定)に基づき、神戸らしい景観を形づくっている地域や都市景観の形成のため計画的に整備していく必要がある地域などを指定します。
 都市景観形成地域内において、建築物等の新築・増築・改築・移転・除却、大規模の修繕・模様替、外観を変更することとなる色彩の変更、屋外広告物の表示等を行う場合には、届出が必要です。

 現在、以下の7つの区域を都市景観形成地域として指定しています。
 各区域における行為の届出等の詳細については、各区域のページをご覧ください。

問い合わせ先

地域ごとに異なりますので、各地域のページをご覧ください。

3) 景観形成指定建築物等届出地域(大規模建築物等の届出対象地域)

 神戸市都市景観条例に基づき、神戸市内全域を「景観形成指定建築物等届出地域」に指定しています。
 同地域内で、一定規模以上の建築物等の新築・増築・改築・大規模の修繕・大規模の模様替・外観を変更することとなる色彩の変更・屋外広告物の表示等を行う場合は、届出が必要です(景観計画区域、都市景観形成地域等を除く)。

届出が必要な建築物等及び広告物

建築物等
区域 届出対象建築物等
市街化区域商業地域高さ31メートル又は建築面積2,000平方メートルを超える建築物・工作物
その他高さ20メートル又は建築面積2,000平方メートルを超える建築物・工作物
市街化調整区域 高さ15メートル又は建築面積1,000平方メートルを超える建築物・工作物
広告物

 神戸市屋外広告物条例に基づく許可申請を要するもののうち、高さ4mを超えるもの又は、敷地内の表示面積の合計が20平方メートル以上のもの。

届出様式

問い合わせ先

 令和元年8月23日まで令和元年8月26日から
東灘区・灘区・須磨区・垂水区電話 078−322−5629電話 078−595−6727
中央区電話 078−322−5490電話 078−595−6725
兵庫区・北区・長田区・西区電話 078−322−5486電話 078−595−6726

4) 伝統的建造物群保存地区

伝統的建造物群保存地区の決定

 景観計画区域及び都市景観形成地域内で、伝統的な建造物が集中している地区については、文化財保護法に基づく「伝統的建造物群保存地区」に都市計画決定します。

保存計画の策定

 保存地区に定めますと、教育委員会は保存に関する基本方針、建造物等の保存整備などについて保存計画を定めます。

市長及び教育委員会の許可

 保存地区内において、建物などの新築、除却、土地の形質の変更などを行うときは、市長及び教育委員会の許可が必要となります。
なお、保存地区内において、許可を受けずに許可の必要な行為を行った者や是正命令に従わない者について、その氏名を公表することもあります。

問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話 078−322−5798

※屋外広告物の許可申請について

 景観計画区域、都市景観形成地域等、景観形成指定建築物等届出地域では、屋外広告物に関する制限が地域ごとに決められています。
 対象地域をご確認のうえ、必要な手続きをお願いします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。