神戸市-KOBE-


阪神電鉄本線連続立体交差事業

■事業概要

阪神電鉄本線の連続立体交差事業は、住吉駅の東側から芦屋市境までの約4kmにおいて、鉄道を連続的に高架化し、11箇所の踏切解消と33箇所の交差道路の改良・整備により、都市交通の改善を図るべく、平成4年に事業着手し、工事を進めています。

事業区間

阪神電鉄本線住吉駅東方〜芦屋市境間(約4.0km)

事業期間

1992年(平成4年)3月〜2023年(平成35年)3月(予定)

除却踏切数

11箇所

整備する道路
交差道路既設道路都市計画道路
(魚崎幹線、青木幹線、深江幹線など)
7路線
一般道路14路線
新設道路12路線
側道都市計画道路(阪神沿北側線など)3路線
駅施設
駅名青木駅深江駅
ホーム形式島式ホーム2面
ホーム全面上屋及び防風壁付
相対式ホーム2面
ホーム全面上屋及び防風壁付
ホーム長130m120m
昇降設備エスカレーター、エレベーター
その他待合所、多機能トイレ付

■これまでの経緯

1983年(昭和58年)9月都市計画決定
1992年(平成4年)3月事業に着手
2005年(平成17年)8月魚崎駅以西(約0.8q)の工事完成
2006年(平成18年)11月魚崎駅以東(約3.2q)の工事に着手
2009年(平成21年)4月18日仮上り線(梅田行き)に切替え
2010年(平成22年)10月2日仮下り線(神戸三宮行き)に切替え
2011年(平成23年)4月下り線の高架工事に着手
2015年(平成27年)12月12日下り線の高架切替え完了
2016年(平成28年)4月上り線の高架工事に着手
2019年度(平成31年度)上り線の高架切替え(予定)
2020年度(平成32年度)〜仮上り線と仮駅を撤去し、側道等の整備に着手(予定)
これまでの経緯や進捗状況については、としけいかくミニニュースのページでもご覧いただけます。

■事業による整備効果

1.安全で快適なまちづくり
・鉄道の高架化による、踏切での交通遮断や踏切事故の解消

2.機能的で美しいまちづくり
・鉄道による南北分断の解消による、市街地の一体化
・高架橋や側道の整備による、機能的で美しいまちなみの形成

3.活力あふれるまちづくり
・駅前広場や駅施設の整備による、地域の活性化

4.快適な高架駅
・広いプラットホーム・コンコース、またエスカレーターやエレベーターの設置による、利便性の向上

■平面図・縦断図

■施工順序図

■現況写真(完成部分)

■上り線高架工事の様子(2018年春現在)

■としけいかくミニニュース

■社会資本総合整備計画

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。