神戸市-KOBE-


第2期神戸市高齢者居住安定確保計画(2018-2023)

最終更新日
2018年3月30日
  • [3月30日]第2期計画を策定しました。

第2期神戸市高齢者居住安定確保計画(2018-2023)

第2期神戸市高齢者居住安定確保計画の表紙 多様な主体の協働と参画のもと、より一層高齢者の居住の安定確保に総合的に取組むため、住宅部局と福祉部局が連携し、神戸市高齢者居住安定確保計画(2012-2017)を平成24年3月に策定し、平成26年度には、高齢者を取り巻く状況の変化に対して、新たに追加拡充すべき取組み等を反映した追補版を取りまとめています。
 高齢者の居住の安定確保に向けて、第7期神戸市介護保険事業計画・神戸市高齢者保健福祉計画との連携・整合により相互補完を図り、引き続き総合的に施策に取り組んでいくため、第2期神戸市高齢者居住安定確保計画(2018-2023)を策定しました。
  「住み慣れた地域に住み続ける」、「ニーズにあった住まいの選択」、「住まいの情報の入手」のため、計画の推進に取り組んでいきます。

計画の内容(平成30年3月策定)

計画の位置づけと期間

【計画の位置づけ】
 本計画は、高齢者の居住の安定確保に関する法律第4条の2により、「兵庫県高齢者居住安定確保計画」に基づき定める計画です。
 また、「神戸市住生活基本計画(2011-2020)」の実施計画として位置づけます。
 さらに第7期神戸市介護保険事業計画・神戸市高齢者保健福祉計画との連携・整合により、相互補完を図ります。 
【計画期間】
 2018年度から2023年度の6年間

計画策定の経過(平成29年度)

 策定案検討にあたり、平成29年5月から平成30年1月にかけて、すまい審議会(本会2回、計画評価部会5回)を開催し、ご議論をいただき、計画案をとりまとめました。

市民意見の募集について

 平成30年2月16日から3月9日の期間、第2期神戸市高齢者居住安定確保計画(2018〜2023)(案)への市民意見募集を実施しました。

(参考)当初の計画

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。