神戸市-KOBE-


神戸市耐震改修促進計画

最終更新日
2016年3月23日

 本市では、平成18年の耐震改修促進法改正を踏まえて、平成27年度までを計画期間とする「神戸市耐震改修促進計画」を平成20年2月に策定し、中期的な目標と実現のための方策を示した上で、建築物の耐震化の推進に取り組んできました。
 平成27年度には、計画改定に向けて、7月から12月にかけて学識経験者、実務者からなる有識者会議を計4回開催し、これまでの取り組みの検証と今後の目標設定・施策展開等について検討を進め、平成28年度から32年度の5年間を計画期間とする「神戸市耐震改修促進計画〔2016-2020〕」を策定しました。

神戸市耐震改修促進計画〔2016-2020〕

市有建築物の耐震化の状況

 従前の神戸市耐震改修促進計画(計画期間:平成19年度〜27年度)において、市有建築物については、主要な「防災の中枢拠点」や「避難所」のほか、「多数の者が利用する建築物」を対象に、対象となる建築物(1,179棟)の耐震化率を100%(平成27年度)とすることを目標として、耐震化に取り組んできました。
 対象のうち、小中学校及び幼稚園(914棟)については、改築予定校を除き、平成23年度末で耐震化率100%を達成しており、その他の市有建築物とあわせた耐震化率は98%(平成28年3月末)となっています。また、残りの2%にあたる建築物についても、改築や耐震改修等が予定されています。

対象公共建築物の耐震性能リスト
【参考】従前の神戸市耐震改修促進計画(計画期間:平成19年度〜27年度)

支援事業の紹介

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。