神戸市-KOBE-


こうべの夜景 〜KOBEライトアップ〜

しおさい公園より市街地を望む 
 魅力的な夜景や照明は、市民がまちに愛着を持ち、神戸を訪れる人たちがもう一度、、、と思えるまちをつくる上で欠かせないものです。
 ここでは、そういった数々のライトアップを紹介します。

神戸ポートタワー ・ メリケンパーク

神戸ポートタワー ・ メリケンパーク日本で初めてライトアップされた建造物「神戸ポートタワー」。
みなと神戸のシンボルとして多くの市民・観光客に親しまれており、その美しさから「鉄塔の美女」とも称されています。

 
 モザイクよりメリケンパークを望む
 「KOBEライトアップDAY」 ピンクリボンキャンペーン時   
 「KOBEライトアップDAY」についてはこちら

神戸ハーバーランド ・ モザイク

ハーバーランド ・ モザイクウォーターフロントの新たな魅力の創出を図るため、LED照明等により煉瓦倉庫やハーバーウォーク周辺の水際空間に、光の演出を実施しています。

 
 メリケンパークよりモザイクを望む
 神戸ハーバーランド 煉瓦倉庫周辺 影絵およびミスト噴射
 神戸ハーバーランド はね橋
 神戸ガス燈通り
 「KOBEライトアップDAY」
ピンクリボンキャンペーン時  

神戸大橋

神戸大橋ライトアップ神戸港の夜景のシンボルのひとつである神戸大橋では、LED照明等によるライトアップのリニューアルを行い、港の風景を幻想的に演出しウォーターフロントの魅力アップを図ります。
 

 
 神戸大橋 ライトアップ
 〜 ヴィーナステラスより望む 
 ※上空照射はイベント開催時のみ行います

1,000mの光の回廊 〜KOBE LIGHT MESSAGE in 2014〜

1,000mの光の回廊「光のデッキ回廊」事業は、神戸三宮周辺の商業施設や鉄道事業社、ホテル、銀行が協力し、三宮駅南一帯の地域を活性化させることに加え、電力の一部に自然エネルギーを取り入れるなど、環境意識の啓発を図る目的で2008年より実施しているデッキ回廊イルミネーション事業です。
7回目となる今回は「街の活力向上・地域連携・エコロジー」をテーマに、神戸三宮を光のイルミネーションで包みます。

 
 1,000mの光の回廊
 平成26年度は11月21日から12月25日 まで開催されました