神戸市-KOBE-


まちなか防災空地事業

最終更新日
2017年11月28日

 神戸市では、防災性や住環境に様々な課題を抱える密集市街地 において、安全・安心・快適なまちづくりを推進するため、火事や地震などの災害時に地域の防災活動の場となる『まちなか防災空地』の整備を進めています。
 まちなか防災空地とは、密集市街地において火災などの延焼を防止するスペースを確保することを目的に、災害時は一時避難場所や消防活動用地、緊急車両の回転地などの防災活動の場として、平常時は広場・ポケットパークなどのコミュニティの場として利用する空地のことです。

事業の流れ

3者協定(1)まちなか防災空地事業を実施することについて、土地所有者、まちづくり協議会等、神戸市の三者で協定を締結します。
(2) 神戸市が土地を無償で借り受けます。<土地使用貸借契約締結>
 ⇒固定資産税等が非課税となります。
(3) まちづくり協議会等にその土地を「まちなか防災空地」として整備(神戸市の補助あり)及び維持管理していただきます。<管理協定締結>

対象となる土地

(1) 対象区域内(対象区域図参照)にあること
(2) 少なくとも3〜5年以上提供いただけること
(3) まちの防災性向上に資する位置・区域・面積であること
※老朽建物を解体した跡地をご提供いただける場合は、建物解体費に対する補助があります。すでに解体した場合は補助を受けることができません。事前にご相談ください

主な整備事例

灘北西部 防災空地事例灘北西部

兵庫北部 防災空地事例兵庫北部

長田南部 防災空地事例長田南部

東垂水 防災空地事例東垂水

要綱

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。