神戸市-KOBE-


用途地域・都市計画道路の見直し

用途地域等の見直し

  神戸市では、安心・安全・快適で活力と魅力ある持続可能な都市づくりを目指しています。この将来像の実現に向けた具体的な取り組みとして、建築物の使い道と大きさのルールを定めた「用途地域」について、概ね5年ごとに全市的な見直しを行っています。用途地域の見直しにあわせて、建築物の高さを定めた「高度地区」、火災に強いまちづくりを進めるために建築物の構造などを定めた「防火地域・準防火地域」も見直しを行っています。
なお、平成28年7月1日より第7回用途地域等の見直しに関する詳細については順次公表していきます。

 
用途地域等の見直しに関する詳細
 

都市計画道路の見直し

神戸市では、人口減少・超高齢化の進行などの社会経済情勢の変化にともない、真に必要な道路を見極め、今まで以上に選択と集中により効率的・効果的な道路整備を進めていくため、平成23年3月に「都市計画道路整備方針」を策定し、都市計画道路の計画内容の見直しを行いました。 
 
都市計画道路の見直し