神戸市-KOBE-


特別用途地区「都心機能誘導地区」

最終更新日
2019年7月4日

 神戸市では、都市機能とバランスのとれた都心居住を誘導するため、三宮駅を中心とする都心の「商業地域」において、平成31年3月5日、特別用途地区「都市機能誘導地区」を都市計画決定し、令和1年7月4日、神戸市民の住環境をまもりそだてる条例を改正しました。

都心機能誘導地区とは

 三宮駅を中心とする都心の都市機能とバランスのとれた都心居住を誘導していくため、住宅等の立地を抑制する地区です。
 区域の詳細につきましては、都市局計画部指導課窓口に備え付けの「ゆーまっぷ」でご確認ください。

都心機能誘導地区の概要

 都心機能誘導地区の区域、制限内容、指定の経緯等の概要に関しては、以下の「特別用途地区(都心機能誘導地区)の概要」よりご確認ください。
 また、改正された条例については、以下の「神戸市民の住環境をまもりそだてる条例(令和1年7月4日公布)」よりご確認ください。

用語の解説

【特別用途地区】

 「特別用途地区」では、地域の特性にふさわしい土地利用の増進や環境の保全等を目的として、用途地域の制限に加え、更に建てられる建築物の用途を制限しています。
 例えば、神戸市では「特別用途地区」として、「都心機能誘導地区」の他に、教育・研究・文化活動にふさわしくない建築物の立地を制限した「文教地区」や大規模集客施設の適正な立地を誘導する「大規模集客施設制限地区」が定められております。

【住宅等】

当地区における住宅等とは以下の建築物のことです。
1)建築基準法別表第2(い)項第1号から第3号に掲げる建築物
  住宅・兼用住宅・共同住宅、寄宿舎又は下宿
2)建築基準法第52条第3項に規定する老人ホーム等
  老人ホーム、福祉ホームその他これらに類するもの
 (居住のための施設としての継続的入所施設である
  社会福祉施設、有料老人ホーム及び厚生保護施設)

【用途地域】

 「用途地域」とは、全部で13種類あり、それぞれ建物の使い方(用途)や規模について一定の制限を定めたものです。

問い合わせ先

神戸市 都市局 計画部 都市計画課 土地利用係
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所2号館4階
電話:078-322-5480 Fax:078-322-6095
※令和1年8月に移転予定です。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。