神戸市-KOBE-


新たなバスターミナルの整備に向けた雲井通5・6丁目の再整備

最終更新日
2018年9月11日

 神戸市では、平成27年9月に三宮周辺地区の『再整備基本構想』を策定しました。この構想では、三宮駅周辺で指摘されている「バス乗り場が分散していてわかりにくい」、「バスと歩行者の交錯による安全面の懸念、渋滞等の発生」等の課題を解消し、交通結節機能を向上させるため、現在分散している中・長距離バス乗降場を集約し、ミント神戸1階の三宮バスターミナルと一体的に利用できる新たなバスターミナルを整備することを位置付けています。
 このたび、平成30年3月30日に開催された第3回都市三宮再整備推進会議において「新たな中・長距離バスターミナルの整備に向けた雲井通5・6丁目再整備基本計画」を公表いたしました。

記者発表資料一覧

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。