神戸市-KOBE-


2.新市街地の土地区画整理事業

最終更新日
2014年3月1日

都市の健全な発展と市民の生活環境の充実をはかるため、既成市街地とあわせて、昭和40年代から西北神地域において土地区画整理事業を推進しています。


これまで北区において、市施行の岡場、谷上、道場八多地区の3地区で換地処分を行いました。


また、垂水区の学園南地区(都市再生機構施行)では、生活利便性や防災機能の向上などの整備改善をはかり、居住環境の向上および都市機能の増進を目的として事業が進められてきましたが、平成26年2月28日に換地処分が行われました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。