神戸市-KOBE-


1.既成市街地の土地区画整理事業

最終更新日
2012年4月1日

神戸市の既成市街地では、戦災を受けた市街地の復興を図るため昭和21年から戦災復興土地区画整理事業を施行し、これまで生活環境の整備をはじめとして数多くの都市基盤を整備するなど、今日の市街地の形成に大きな役割を果たしました。

昭和40年代・50年代からは、多様化する都市機能の充実・更新と生活環境の改善を図るため、都市改造事業として、東灘山手、河原、上沢地区においても安全で快適なまちをめざして土地区画整理事業を実施し、河原地区、上沢地区については平成13年に換地処分を行い、東灘山手地区においても、平成22年3月15日に換地処分を行いました。

また、浜山地区においては、平成4年度から土地区画整理事業と住宅市街地総合整備事業(旧密集事業)との合併施行により、道路・公園等の公共施設を整備するとともに、住環境の整備改善を図るため事業の進捗に努めています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。