神戸市-KOBE-


世界一ユニバーサルなまち神戸をめざして
こうべユニバーサルデザインの推進

最終更新日
2017年10月13日

ユニバーサルデザインとは?

神戸市の取り組み

こうべユニバーサルデザインシンボルマーク神戸市ではユニバーサルデザインの考え方を神戸の新しいまちづくりに取り入れ、2003年(平成15年)5月に発足した「こうべUD広場(こうべユニバーサルデザイン推進会議)」と連携し、「世界一ユニバーサルなまち神戸をめざして」さまざまな取り組みをすすめています。
左のマークは「こうべユニバーサルデザインシンボルマーク」です。ユニバーサルデザインの「U」、「D」をモチーフに、すべての人にやさしいデザインを人々の笑顔で表現しました。青・緑・赤は海・山・ポートタワーを表し、神戸のまちにあふれる笑顔をイメージしています。2004年(平成16年)に公募によりこのマークが選ばれました。

こうべUD広場(こうべユニバーサルデザイン推進会議)とは?

ユニバーサルデザイン資料一覧

ユニバーサルデザイン関連リンク集(外部)