神戸市-KOBE-


平成24年度こうべUD大学

最終更新日
2013年4月1日

ユニバーサルデザインシンボルマーク こうべUD大学は平成19年度より5年間にわたり開講し、のべ500人のみなさんがユニバーサルデザインを学んできました。
 
 平成24年度の「こうべUD大学」は、「ユニバーサルデザインの基本」をよりわかりやすくみなさんに伝えるため、講座内容をリニューアルし、開催いたしました。
 
 単なる講義だけではなく、体験学習やまちあるき、ワークショップなどを通じて、受講生のみなさんが参加型で楽しく学ぶことができました。

前期講座の内容(5〜9月)

第1回 「ユニバーサルデザイン総論」 (2012年5月12日)

第1回の様子講師:摂南大学理工学部教授 田中直人 氏

「ユニバーサルデザイン総論」の講座を受けた後、ワークショップを行いました。ワークショップでは、まちのなかのユニバーサルデザインについて意見を出し合い、改善点をひとり一人で考えました。

第2回 「清盛ゆかりの地をめぐるユニバーサルツーリズム」 (2012年6月2日)

第2回の様子講師:NPO法人ウィズアス神戸ユニバーサルツーリズムセンター代表 鞍本長利 氏
車椅子を順番に乗ったり、押したりしながら、「ハーバーランド駅」→「中央市場前駅」→「おおわだ橋」→「清盛塚」→「真光寺」→「能福寺(兵庫大仏)」を巡り、まちなかのユニバーサルデザインについて考えました。

第3回 「情報を活用して広げる自分の未来〜情報のUD」 (2012年6月23日)

第3回の様子講師:NPO法人アイ・コラボレーション神戸 板垣宏明 氏
板垣氏による講座に始まり、一番見やすいフォント(文字)の見比べや、ホームページをより見やすくするにはどうすれば良いかについて、神戸市としあわせの村のホームページを見ながら意見を出し合いました。

第4回 「高齢者、障がい者の生きた意見を〜ものづくりのUD」 (2012年7月21日)

第4回の様子講師:HUMANユニバーサルデザインオフィス代表 岡田英志 氏
岡田氏による自助具の考え方や紹介を受けた後、微力でかける鉛筆ホルダーや食べやすいスプーンなどを、工夫しながら作りました。

第5回 「しあわせの村のUD」 (2012年8月18日)

第5回の様子講師: (財)こうべ市民福祉振興協会事業係長 佃孝司 氏
佃氏によるしあわせの村のUDの取組の紹介を受けた後、UDの視点から日本庭園、浴室等を見学しました。

第6回 「前期講座のまとめ・修了式」 (2012年9月15日)

第6回の様子講師:摂南大学 理工学部 教授 田中直人 氏
「今までの講義を受けてどのようなことがあったか」「さらにUDにするにはどうしたらいいのか」「これから自分がやろうと思うこと」をまとめました。その後の修了式では、30名の受講生が修了証書を受け取りました。

詳細については下記ホームページをご覧ください

後期講座の内容(10〜3月)

 

第1回 「ユニバーサルデザイン総論」 (2012年10月20日)

第1回(発表)の様子講師:神戸芸術工科大学デザイン学部教授 見寺貞子 氏
ユニバーサルデザイン(UD)に関する基礎的な講座「ユニバーサルデザイン総論」を受けた後、ワークショップを行いました。
ワークショップでは、UDの4本柱となる”意識づくり”、”まちづくり”、”仕組みづくり”、”ものづくり”について、各班で意見を出し合い、発表しました。

第2回 「ホテルのUD」 (2012年11月17日)

第2回(寸劇による発表)の様子講師:ホテルオークラ神戸総務人事部次長 小野賢一 氏 
小野氏より、ホテルオークラ神戸での取組を、普段見ることのできない場所の写真なども交えながら、紹介していただきました。
ワークショップでは、与えられた設定のもと、各班が、電話予約・案内(ベルボーイ)・フロント、の場面に分かれ、ホテルマンとお客さんの立場になり、接客対応について話し合いました。その後、気持ちの良いおもてなしなどについて、寸劇や模造紙を用いて発表を行いました。

第3回 「防災のUD 」(2012年12月15日)

第3回(ワークショップ)の様子講師:人と防災未来センター研究主幹 宇田川真之 氏
南海トラフ地震に備える県や市の情報や防災の備えについて紹介を受けた後、防災グッズのカルタを使い、さまざまな障がいのある方の立場になりながら、災害時のために日頃から備えておく必要があるものは何かについて、設問形式のワークショップで意見を出し合いました

第4回 「ファッションのUD」(2013年1月19日)

第4回(UDファッション事例紹介)の様子講師:神戸芸術工科大学デザイン学部教授 見寺貞子 氏
見寺先生によるUDファッションの事例紹介の後、3名の受講生から仕事着の工夫紹介や既製品にアレンジした服の紹介、服を買う時の視点などを発表していただきました。
その後は各班で、こんな服が欲しいという希望やファッションに関して困っていることについて、話し合いました。

第5回 「食のUD」(2013年2月16日)

第5回(UDF試食の様子)講師:キユーピー株式会社(ヘルスケア営業課 介護食担当) 武田清 氏
年齢とともに変わる身体に対応した食の在り方、食が果たす役割などのお話しを聞いた後、「かたさ」や「粘度」に応じて区分された5種類のユニバーサルデザインフード(UDF)を試食しました。
試食後、気づいたことやユニバーサルデザインフードをどんな場面で活用できるかについて、話し合いました。

第6回 「後期講座のまとめ・修了式」(2013年3月16日)

第6回(修了書授与後の集合写真)の様子講師:摂南大学理工学部教授 田中直人 氏
後期講座を振り返り、神戸市の取り組み紹介の後、受講生全員が後期講座で学んだことや感じたことを発表しました。41名の受講生の内、20名(6回の講座の内5回以上出席された受講生)が修了証書を授与されました。
【受講生の意見】
・ユニバーサルデザインを全く知らなかったが、受講するごとに気づく力が身についた。
・UD=バリアフリーと思っていたが、誰にでも優しいという基本の考えであることを学んだ。

詳細については下記ホームページをご覧ください