神戸市-KOBE-


総合基本計画

最終更新日
2011年2月9日

総合基本計画の概要図 神戸市の総合基本計画(マスタープラン)は、「新・神戸市基本構想(計画期間:1993〜2025年)」と「第5次神戸市基本計画(目標年次2011〜2025年)」で構成しています。

 「新・神戸市基本構想(目標年次:2025年)」は、神戸の将来像(都市としてのあるべき姿やめざすべき方向)を示すもので、「理念」と「都市像」で組み立てられており、1993年(平成5年)9月に市会で議決されました。

 「第5次神戸市基本計画」は、基本構想の実現のための基本計画として、2009年(平成21年)に策定した総合基本計画の策定方針に基づき、神戸市総合基本計画審議会における審議をはじめ民・学・産との協働と参画により、2011年(平成23年)2月に策定しました。

 第5次神戸市基本計画は、(1)神戸づくりの指針−基本構想に描かれた都市像の実現をめざし、構想の目標年次である2025年(平成37年)に向けたまちづくりの基本的な考え方を示す指針、(2)神戸2015ビジョン−神戸づくりを戦略的に進めていくため、2015年度(平成27年度)を目標年次とする5年間の実行計画、(3)各区計画 −2025年(平成37年)に向けた区の将来像と2015年度(平成27年度)を目標年次とする5年間の計画の3つで構成し、相互に連携しながら一体的に取り組んでいくこととしています。
 また、2011〜2015年度を計画期間とする行財政改革を進める計画「神戸市行財政改革2015」と、各施策の分野ごとの計画である「部門別計画」と相互に連携補完しながら推進していきます。

新・神戸市基本構想(目標年次2025年、1993年9月策定)

第5次神戸市基本計画(目標年次:2025年、2011年2月策定)

これまでの基本構想・基本計画の策定経緯

基本計画策定の経緯

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。