神戸市-KOBE-


【入場無料!】第2回「ウェアラブルデバイスって何だ?フェスティバル」を開催!
〜専門知識不要の市民向けイベントです!最先端の技術に触れてみませんか?〜

最終更新日
2016年11月24日
  • [11月24日]「トークセッションコーナー」のプログラムを更新しました!

logo神戸市では、ウェアラブルデバイスを使用した市民参加型の実証事業に取り組み、新たな市民サービス・ビジネスの創出を目指しています。

そこで、「ウェアラブルデバイスとはどのようなものなのか」「ウェアラブルデバイスを活用してどのようなことができるのか」などについてのトークセッションやウェアラブルデバイスに関する技術の体験等をまじえ、市民の方に広く知っていただくことを目的とした「ウェアラブルデバイスって何だ?フェスティバル」を開催します。

第2回目となる今回は、神戸ITフェスティバルと同会場での同時開催となります。
神戸ITフェスティバルは、地元のIT関連の有識者や学生をはじめとした産学官の有志「神戸ITフェスティバル実行委員会」主催の地域貢献型イベントで、今年で6回目を迎えます。
お子様向けの体験イベントもご用意しております。入場無料となっておりますので、是非ご家族やお友達とご一緒にご来場ください。
※ウェアラブルデバイス:腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末

■主催:神戸市 
■後援:総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済産業局
■協力:兵庫ベンダ工業株式会社(機材提供)

開催日時

平成28年11月25日(金曜) 12:00〜18:00
平成28年11月26日(土曜) 10:00〜17:00

開催場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
〔兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4〕

イベントの詳細

(1)トークセッションコーナー

神戸大学大学院工学研究科の塚本昌彦教授をはじめ、神戸市ウェアラブルデバイス推進会議の委員を中心に、様々なテーマでウェアラブルデバイスに関するトークセッションを繰り広げます。

※詳細については、順次こちらのページあるいはチラシ等でお知らせいたします。
※都合により、内容等が変更される場合があります。

11月25日(金)【1日目】

■「コンテンツ開発者が作りたくなるウェアラブルプラットフォームとは」 (13:40〜14:30)
■「ウェアラブル×演出」(14:50〜15:40)
■「ウェアラブルセンサーによる医療現場における看護行為可視化」(16:00〜16:50)
■「今の実情から見えてきた2020年のウェアラブルビジネス」 (17:10〜18:00)

11月26日(土)【2日目】

■「デザイナーが考えるウェアラブル」 (10:30〜11:20)
■「ファッションとテクノロジーが融合したスタイリッシュ気配りウェアの可能性」(11:40〜12:30)
■「ウェアラブルファッションショー」(12:35〜12:45)

fashionshow神戸大学大学院工学研究科塚本・寺田研究室が中心となって、ウェアラブルデバイスを装着したファッションショーを開催します!

■「ウェアラブル×マラソン」 (12:50〜13:40)
■「ウェアラブル×ゲーム〜塚本ポケモンGOにイライラ〜」 (14:00〜14:50)
■「ウェアラブル×ネットワーク」 (15:10〜16:00)

センサーネットワーク研究会(U2A研究会)のメンバーである学識者を中心にトークセッションを行います。

(2)デモンストレーション・体験コーナー

企業・団体等がウェアラブル関連コンテンツや技術製品のデモンストレーションや体験イベントを行います。

参加企業・大学等は以下のとおりです。(順不同)
・富士通株式会社
・日本電気株式会社
・エプソン販売株式会社
・株式会社リコー
・アイティアクセス株式会社
・有限会社栄和
・VUZIX/ビュージックス
・ウエストユニティス株式会社
・神戸大学大学院工学研究科 塚本・寺田研究室
・株式会社神戸デジタル・ラボ
・株式会社テレパシージャパン
・株式会社モリサワ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。