神戸市-KOBE-


神戸創生戦略(地方創生) 策定に向けた取り組み(平成27年度)

プレスリリース

神戸創生戦略

初版(平成27年10月29日策定)

パブリックコメント(終了しました)

 「神戸創生戦略」の策定に向けて、「神戸創生戦略(素案)」に対するご意見を募集しました。
 ご意見を頂きました皆さま、誠にありがとうございました。
 頂いたご意見に対し、市の考えを整理いたしました。
 詳しくは、以下のページをご覧ください。

実施期間

平成27年10月1日(木曜)〜10月13日(火曜)

スケジュール

神戸創生戦略の策定に向けた体制と取り組み

神戸創生戦略の策定体制 神戸市では、神戸創生戦略の策定に向けて、幅広い層の方からご意見をいただくために、「神戸創生戦略プロジェクトチーム」「2020神戸創生懇話会」「事業提案募集」という3つの方法を用いています。

1 神戸創生戦略プロジェクトチーム

設置目的

 市民と職員が協働で多様な視点から行政課題の解決を図るとともに職員の人材育成を推進するため、本市では市民職員協働プロジェクトチームを設けています。
 神戸創生戦略の策定に際しても、プロジェクトチームを設置し、人口減少へ対応した具体的な事業提案を金融機関等から募集するとともに、学識経験者や事業者、市職員等により、多様な事業アイデアの創出を図ります。

構成

プロジェクトチームの体系図 本プロジェクトチームは、「社会動態対策チーム」、「自然動態対策チーム」、「新たな都市魅力・活力創造チーム」の3チームで構成します。

 「社会動態対策チーム」では、安定した雇用の創出、移住・定住の促進、教育環境の充実など社会動態に関する事業を検討します。
 「自然動態対策チーム」では、妊娠・出産・子育てへの支援、育児と両立しやすい労働環境づくりなど自然動態に関する事業を検討します。
 「新たな都市魅力・活力創造チーム」では、金融機関等からの事業提案を募集するとともに、今年度取り組むべき試行事業の選定を行います。

構成メンバー

学識経験者、市民・事業者等、市職員合計189名
(内訳)学識経験者51名、市民・事業者等92名、市職員46名
※市職員には庁内での公募により決定した若手職員12名も含む。

設置日

平成27年6月18日

1−1 施策討議会

 神戸創生戦略プロジェクトチームの活動の一環として、「社会動態対策チーム」と「自然動態対策チーム」合同で、学識経験者や市民・事業者等、市職員による多様な事業アイデア創出に向けた討議会を開催しました。

日時

平成27年7月12日(日曜)13時〜17時30分

場所

ANAクラウンプラザホテル神戸10階BallRoom

参加者

神戸創生戦略プロジェクトチームの「社会動態対策チーム」、「自然動態対策チーム」メンバーのうち、151名
(内訳)学識経験者42名、市民・事業者等63名、市職員46名
※市職員には庁内での公募により決定した若手職員12名も含む。

内容

 社会動態対策や自然動態対策に係る各施策テーマ(「産業、雇用」、「起業、新産業」、「安全・安心、教育」、「国際化、ダイバーシティ」、「交通、住環境」、「結婚、出産、子育て支援」、「ワークライフバランス、女性の活躍、男性の育児参加」など)に応じて、テーブルごとに分かれて議論を行いました。
 具体的には、神戸市の現状分析を共有した後、課題解決に向けた具体的な事業アイデアを創出しテーマ毎にとりまとめました。とりまとめた事業アイデアについては、庁内で事業化検討を行い、神戸創生戦略への反映を検討してまいります。

当日資料
提案されたアイデア

神戸市が抱える課題の解決に向けた事業アイデア:アイデアシート一覧
事業アイデアのうち、早期に実施すべきという観点から、事業案へ掘り下げを行ったもの:事業案シート一覧

参加者の感想(アンケートより)

討議会のようす「討議会において十分にご議論していただけましたか」という問いに対して、「とても満足している」、「満足している」との回答が約80%ありました。

「本日のような討議会をもう一度企画すれば、ご参加いただけますか」という問いに対して、30%強の参加者が「ぜひ参加したい」と回答していました。「参加したい」という回答とあわせると90%になります。

1−2 「神戸創生 新たな都市魅力・活力創造プロジェクト」事業提案募集

 神戸創生戦略プロジェクトチームの活動の一環として、「新たな都市魅力・活力創造チーム」では、官民協働により神戸に新たな都市産業・都市文化を創出し、神戸市の人口減少克服・地方創生に資することを目的として、「神戸創生 新たな都市魅力・活力創造プロジェクト」の事業提案募集を実施しました。
 応募いただいた提案については、選考を行い、実現可能性があり効果が見込まれる一部事業については、平成27年度中の試行実施も検討してまいります。

募集期間

平成27年6月25日(木曜)〜7月13日(月曜)

募集の対象

以下(1)〜(3)のすべての条件を満たすこと。
(1)神戸市の人口減少克服・地方創生に資する具体的かつ実現可能性のある事業であること
(2)先駆性・先進性のある事業であること
(3)原則、ソフト事業を中心とした事業であること

提案者

神戸創生戦略プロジェクトチームの「新たな都市魅力・活力創造チーム」メンバー

受付件数

54件

2 2020神戸創生懇話会(平成27年度)

設置目的

 産官学金労言及び住民、議会の幅広い層からなる懇話会を設置し、人口減少に対応する神戸創生戦略の策定に関して、大局的な観点から意見を聴取します。

構成メンバー

産業界、関係行政機関、学識経験者、金融機関、労働団体、メディア、市民・事業者、市会議員等 合計85名

設置日

平成27年8月13日

2−1 第1回2020神戸創生懇話会(平成27年度)

日時

平成27年8月20日(木曜) 16時〜18時

場所

ザ マーカススクエア神戸 5階「ボールルーム」

内容

・神戸の人口の現状と将来シミュレーション(神戸人口ビジョン(案))についての説明
・神戸2020ビジョン及び神戸創生戦略策定の進捗状況についての説明
・委員からの意見聴取 等

当日資料

2−2 第2回2020神戸創生懇話会(平成27年度)

日時

平成27年9月17日(木曜) 15時〜16時30分

場所

神戸芸術センター5階 504会議室

内容

・神戸創生戦略策定に向けた進捗状況について
 (神戸創生戦略の体系及び具体的事業例を紹介)
・委員からの意見聴取 等

当日資料

2−3 第3回2020神戸創生懇話会(平成27年度)

日時

平成27年11月26日(木曜) 16時〜17時30分

場所

神戸オリエンタルホテル 6階 「The Oriental Room」

内容

・神戸2020ビジョン(素案)についての説明
・委員からの意見聴取 等

当日資料

3 事業提案募集

 神戸市の人口減少克服・地方創生の推進に向けて、市民・事業者等から広く優れた事業アイデアを募るため、事業提案募集を実施しました。
 応募いただいた提案については、庁内で事業化検討を行い、神戸創生戦略への反映を検討してまいります。

公募期間

平成27年6月18日(木曜)〜7月13日(月曜)

公募の対象

以下の(ア)、(イ)のそれぞれの条件を満たすこと。
(ア)神戸市と協力して取り組みたい又は神戸市に取り組んでもらいたい事業提案であること。
(イ)神戸市の人口減少克服・地方創生の推進に資する事業提案であること。

提案者

市民、事業者、大学、NPO等

受付件数

35件

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。