神戸市-KOBE-


神戸創生戦略(地方創生)

神戸創生戦略

第3版(平成29年3月策定)
第2版(平成28年3月策定)

そもそも、地方創生とは?

 人口減少・超高齢化という、日本が直面している現実に対応するため、国・地方一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特性に応じた「処方せん」を作成し、自律的で持続的な社会を創生するため取り組むことです。

神戸創生戦略の概要

 我が国の急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、将来にわたって活力ある日本社会を維持するため、「まち・ひと・しごと創生法」が平成26年11月に制定され、人口の現状と将来の展望を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、今後5か年の政府の政策目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が平成26年12月に閣議決定されました。

 これを受けて、本市でも、本市が今後目指すべき将来の方向と人口の将来展望を提示する「神戸人口ビジョン(地方人口ビジョン)」を策定し、それを踏まえ、人口減少に対応する今後5か年の具体的な事業とその数値目標などを設定する「神戸創生戦略(地方版総合戦略)」(計画期間:2015〜2019年度)を策定しました。
※神戸市では、第5次神戸市基本計画の実行計画である「神戸2020ビジョン)(計画期間:2016〜2020年度)を、「神戸人口ビジョン」「神戸創生戦略」と一体的に策定しました

 具体的には、国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において示された4つの基本目標である

を踏まえながら、神戸の現状に則した具体的な事業を検討します。

2020神戸創生懇話会

設置目的

 産官学金労言及び住民、議会の幅広い層からなる懇話会を設置し、人口減少に対応する神戸創生戦略の推進に関して、大局的な観点から意見を聴取します。

2020神戸創生懇話会(平成28年12月1日開催分)

日時

平成28年12月1日(木曜) 16時〜17時30分

場所

神戸オリエンタルホテル (ORIENTAL HOTEL KOBE) 6階 オリエンタルルーム

内容

・「神戸2020ビジョン」「神戸創生戦略」の取組み状況等についての説明
・委員からの意見聴取 等

議事要旨
当日資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。