神戸市-KOBE-


PFI事業

最終更新日
2018年6月20日

PFI事業

オテル・ド・摩耶PFI(Private Finance Initiative)とは、民間の資金やノウハウ等を活用し、公共施設等の設計・建設・運営を行うことです。
平成23年6月のPFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)の改正により、民間事業者による提案制度やコンセッション方式(運営権制度)が導入されるなど、PFI事業の推進が図られています。

これまでの取り組み事例

No 
施設名
所管局
供用開始
事業期間
オテル・ド・摩耶
(旧国民宿舎神戸摩耶ロッジ)
産業振興局
平成13年7月
20年間
マリンピア神戸フィッシャリーナ
産業振興局
平成13年10月
20年間
中央卸売市場本場
産業振興局
平成21年4月
29年間
中央市民病院
神戸市民病院機構
平成23年7月
33年間
新神戸ロープーウェー
建設局
平成23年4月
16年間
やはた桜保育所
(八幡保育所と桜ヶ丘保育所の統合により新設)
こども家庭局
平成26年4月
8年間
市立小学校(空調整備)
教育委員会事務局
平成27年8月
13年間
神戸空港コンセッション
みなと総局
平成30年4月
42年間
 

<各事業の公表資料はこちらをご覧ください>

現在進行中の案件

現在、PFI手法による整備等を進めている事業は以下のとおりです。

モニタリング結果の公表

<平成28.29年度モニタリング結果>

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。