神戸市-KOBE-


国家戦略特区について神戸市の取り組みを紹介します

最終更新日
2015年6月5日

国家戦略特区の指定について

 国家戦略特区の指定を受けた神戸市を含む「兵庫県・大阪府・京都府」について、平成26年5月1日に区域方針が決定されました。

○国家戦略特別区域の概要

 (1)東京圏:国際ビジネス、イノベーションの拠点
 (東京都千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区及び渋谷区、神奈川県並びに千葉県成田市)
 (2)関西圏:医療等イノベーション拠点、チャレンジ人材支援
 (大阪府、兵庫県及び京都府)
 (3)新潟県新潟市:大規模農業の改革拠点
 (4)兵庫県養父市:中山間地農業の改革拠点
 (5)福岡県福岡市:創業のための雇用改革拠点
 (6)沖縄県:国際観光拠点

○神戸市提案の国家戦略特区事業

 (1)神戸医療産業都市ひょうご神戸グローバルイノベーション特区
 (2)都心のまちづくり
 (3)神戸国際ビジネス・MICE特区
 (4)歴史的建築物等活用特区

神戸市の国家戦略特区提案について

 国では、「日本再興戦略 -JAPAN is BACK-」(平成25年6月14日閣議決定)において創設が位置づけられた「国家戦略特区」に関して、国の経済に大きなインパクトを与えるプロジェクトを組成するための具体的な提案(アイデア)を募集しています。
 この提案募集に対し、神戸市からは以下の提案を行っています。
 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。