神戸市-KOBE-


神戸のケミカルシューズ(神戸シューズ)

最終更新日
2019年9月6日

神戸のケミカルシューズ明治以来、神戸港での生ゴムの輸入とともにゴム工業が盛んに行われ、大正時代にはゴム靴の製造がはじまりました。その後、ゴムの入手が困難になったメーカーはケミカル素材(合成皮革)で靴をつくるようになりました。
 
その後、生産技術の改善、デザイン能力育成などの努力を重ね、合成皮革だけでなく、「革」を使った靴づくりも盛んに行われています。

神戸のケミカルシューズ産業は大きく発展し、ファッション性豊かな靴をつくり、日本の靴業界をリードしています。

神戸シューズ

神戸シューズロゴ「神戸シューズ」って??
 
神戸の長田区周辺は全国有数の靴の産地です。
その神戸長田エリアのシューズメーカーが中心となって、「神戸シューズブランド化委員会」を結成し、メイドイン神戸の国産シューズを「神戸シューズ」と称して、全国にその魅力を広める取り組みを進めています。

神戸シューズの登録基準「神戸シューズ」は、原産地が神戸で、縫製や裁断なども委員会で設けられた品質基準をクリアした製品のみが登録されます。
 
参加メーカー各社は、神戸らしいデザインでファッション性があり、安心・安全に加え、高い機能性を擁し、履き心地がよい靴を生産しています。

神戸シューズのPR

神戸シューズオリジナルバッグ神戸市では、シューズ産業の振興を図るため、「神戸シューズ」のPRに取り組んでいます。

神戸シューズ公式通販サイトのご案内

日本ケミカルシューズ工業組合公認の「神戸シューズ」公式通販サイトでは、ここでしか手に入らない貴重な商品が取り揃えられています。
 
公式通販サイトならではの、サービスをぜひご利用ください。

神戸コレクションへ出展

神戸コレクション初出展「神戸シューズ」と「神戸コレクション」のコラボレーションが実現!
 
平成26年8月30日に開催された「神戸コレクション2014AUTUMN/WINTER」から、「神戸シューズ」が出展しています。
 
有名モデルの方々が「神戸シューズ」を履いてランウェイを歩く姿は必見です!

地域団体商標登録について

神戸シューズオリジナルボックス地域名を冠した共通のブランド(地域ブランド)を用いて、地域産業の活性化や地域おこしをする動きが全国的に盛んになったことを受け、平成18年に特許庁が新しい商標権として導入した制度です。
 
従来、一事業者が独占して使用することが認められなかった「産地+商品」という表示について、業界団体などが独占して使用できるようになりました。
 
「神戸シューズ」は、長田エリアのシューズ業界が力をあわせて、その認知度向上に努め、平成26年3月に商標登録が実現しました。

シューズプラザ

シューズプラザ震災からケミカルシューズ産業の復興とくつのまちながたの活性化を目指して誕生した、ケミカルシューズのショップと関連事業者が入居するファッションビルです。
 
1階 靴専門店
3階、4階 事務所系テナントなど