神戸市-KOBE-


いじめ防止対策関連の事業

最終更新日
2016年8月22日

神戸市いじめ防止等のための基本的な方針

パブリックコメント、市会での審議を経て、平成26年3月27日、神戸市いじめ防止等のための基本的な方針を策定しました。

神戸市いじめ問題審議委員会

いじめ防止対策推進法第14条第3項の趣旨に基づき、いじめ防止対策等を実効的に行うため、教育委員会の附属機関として条例により設置しました。

2016年度(平成28年度)

2015年度(平成27年度)

2014年度(平成26年度)

神戸市いじめ問題対策連絡協議会

 いじめ防止対策推進法第14条第1項の趣旨に基づき、いじめ防止等に関係する機関及び団体の連携を図り、いじめ対策についての専門的な見地及び市民の立場から幅広く意見を求めることを目的として、平成26年度に新たに設置しました。

2016年度(平成28年度)

2015年度(平成27年度)

2014年度(平成26年度)

いじめ問題防止対策懇談会(平成25年度末に廃止)

2013年度(平成25年度)

2012年度(平成24年度)

2011年度(平成23年度)

2010年度(平成22年度)

2009年度(平成21年度)

2008年度(平成20年度)

2007年度(平成19年度)

2006年度(平成18年度)

いじめ問題への取組についての提言

2006年度神戸市いじめ防止対策推進委員会より、「いじめ問題への取組についての提言」をいただきました。

提言までの経緯

教育委員会では昨年秋以降各地で起こったいじめ問題を受け、2006年12月14日に「神戸市いじめ防止対策推進委員会」を設置・開催した。

これまでの取組を検証し、「いじめ防止に対する緊急の対策」と「いじめ根絶を目指した教育の指針」について、4 回にわたり様々な立場から意見を伺ってきた。

その協議の結果をまとめて、学校によるより有効な取組や学校・家庭・地域・関係機関の連携強化等の方策についての提言としてご提出いただいた。

提言の趣旨

学校が「いじめのない人間性豊かなうるおいのある教育の場」となるよう、これまでの協議内容をまとめ、学校と教育委員会が推進すべき取組を提言としてまとめた。

今後、この提言に基づき、学校・家庭・地域が一体となって、今までの取組をさらに強化すると共に、いじめ問題の根本的な解決に向けてより一層細やかな対応を推進していくことを期待する。

提言の内容

1.いじめを許さない学級、学校づくりに向けての取組。

2.早期発見に向けて

3.各校の「校内いじめ問題対策委員会」の機能について

4.家庭や地域との連携

5.緊急時におけるサポートチームの結成

いじめ防止対策関連の取組

1.学級経営の充実

「いじめを許さない学級・学校づくり」「思いやり、勇気あふれる学級・学校づくり」に組織的に取り組む。児童生徒に思いやりの心を育て、いじめが起こった時に止める勇気や正義感を育む

「するを許さず、されるを責めず、第3者なし」の神戸市いじめ指導三原則に基づき、各校が校内にいじめ防止対策委員会を設ける。

2.生徒指導資料の作成

<いじめに関するもの>

小学校版  第3集、第4集、第5集、第6 集、第13 集、第15集、第16集、第19集、24集

中学校版  第3集、第4集、第5集、第12集、第13集、第15集、第16集、第19集、23集、26集

3.教育相談の充実

1.スクールカウンセラーの配置

公立中学校区に原則2名を配置し、すべての小中学校で定期的な相談活動を実施する。また、高等学校や特別支援学校等においても、相談活動を実施する。

2.学校相談員・生徒指導推進協力員を小学校に配置

地域の人材を小学校に配置。

3.こうべっ子悩み相談・・・毎学期リーフレットを全児童生徒に配布

<電話相談>毎日24時間
「いじめ・体罰・こども安全ホットライン」・・・いじめ(ネットいじめ)・体罰・被害のおそれを有する児童生徒に関する相談窓口
0120-155-783(フリーダイヤル)
078-361-7710(有料)
0120-0-78310(全国統一教育相談ダイヤル)

<電話相談・面接相談(予約制)>相談日時:月曜日〜金曜日 9時〜17時まで
総合教育センター教育相談指導室
青少年補導センター及び各教育相談所(市内7カ所)、特別支援教育課教育相談室、人権教育課相談室
こうべ学びの支援センター、こども家庭センター、各区こども家庭支援室

4.研修を通しての教師の資質向上

5.自主的活動の育成・支援

6.学校間・家庭・地域との連携

スローガン「あいさつ 声かけ 地域の子、ふれあい 手伝い 家庭から」

あいさつソング「ほら、つながった♪」(平成24年度、歌詞を広く市民から募り選ばれた歌詞に、尼崎出身フォークデュオあまゆーずが作曲。)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。