神戸市-KOBE-


みちづくり計画(平成28年3月改定)

最終更新日
2016年3月30日

 “みち”は市民の日々の暮らしや経済活動を支える社会基盤です。このたび、これからの神戸のみちづくりを市民の皆さんとともにすすめていくための「みちづくり計画」を改定しました。

概要

 「みちづくり計画」は、社会潮流(人口減少社会の到来・超高齢化社会の進展・東京圏一極集中、将来交通量減少の見通し等)や道路の課題などを踏まえて、これからのみちづくりに関する指針や施策などを定めるもので、神戸市基本計画の道路に関する部門別計画です。

みちづくりの指針(2025年の将来像)

活かす〜みちを活かし暮らしを豊かにする〜

 地域特性に応じて、子育て世代をはじめあらゆる世代にとって円滑で快適な移動空間の実現(交通機能の最適化)と人々が憩いにぎわう魅力的な空間の創出(空間機能の向上)を図るため、「道路のリデザイン」を推進し、道路を活かして市民の暮らしを豊かにすることを目指す。

つなぐ〜地域をつなぎ経済を支える〜

 地域間のひと、モノの流れを創出する道路ネットワークの形成や既存の道路を賢く使う取り組み等を環境面に配慮しながら推進することにより、人々の生活圏の拡大、雇用の創出や地域経済の活性化、さらには神戸・関西の持続的な発展と安定した成長を目指す。

守る〜災害に備える・環境に配慮する〜

 道路の長寿命化や健全性確保を図り、地域特性や災害特性に応じた防災・減災対策を実施することにより、しなやかで強いインフラを目指す。すべての段階において環境に配慮することにより、環境負荷の少ないまちを実現する。

計画の内容

みちづくり計画 概要版パンフレット

みちづくり計画 本編

市民意見の募集(パブリックコメント)について

 計画の策定にあたり、神戸市民の意見提出手続に関する条例に基づき、市民の皆様の意見を募集しました。いただいたご意見は計画に反映するとともに、今後の道路行政にも活用していきます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。