神戸市-KOBE-


神戸市自転車利用環境総合計画

概要

  近年、自転車は、環境負荷が少ないことや、健康志向の高まりなどから、利用者が増加しています。一方で、利用者の増加に伴い、特に歩行者と自転車との事故件数の増加や路上の放置自転車が歩行者の通行に支障をきたすといった問題などが顕在化しており、安全で快適な自転車利用環境の実現が求められています。
 このような「自転車利用環境」の改善を図るために、建設局では2025年を目標年次とした「神戸市自転車利用環境総合計画」を策定しました。
 本計画では「自転車走行空間の整備」「駐輪対策の推進」「自転車利用ルールの周知徹底とマナー向上」の3つの施策を柱として、自転車走行空間や駐輪場の整備、放置自転車対策やルールの周知徹底・マナー向上等の啓発活動を総合的に推進していきます。
 また、計画の実現にあたっては、計画の評価指標を設定するとともに、市民の意見を踏まえながら評価、検証を行い、計画(Plan)、実施(Do)、評価(Check)、改善(Action)を繰り返し行うPDCAサイクルによる進行管理を行います。

計画内容について

市民意見募集(パブリックコメント)の結果と意見に対する市の考え方について

 「(仮称)神戸市自転車利用環境総合計画」(案)(第18回神戸市みちの懇談会資料参照)に対し、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。
 意見募集の概要とともに、提出いただいたご意見と本市の考え方を公表いたします。ご意見につきましては、一部内容を要約し、項目別に分類していますので、ご了承ください。
 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。