神戸市-KOBE-


都市計画道路 垂水妙法寺線(禅昌寺) 整備事業 【須磨区】

最終更新日
2019年4月1日

 垂水妙法寺線は、垂水区平磯から、須磨ニュータウン周辺などを結び、須磨区明神町に至る都市計画道路です。
 これまで、交通渋滞の解消や歩行者の安全確保のため、順次整備を進めており、現在、須磨区妙法寺から明神町までの間(禅昌寺工区、約2.1キロメートル)において、主要地方道・神戸三木線を拡幅(一部バイパス)する形で、事業を進めています。

事業概要

◆位置 【起点】須磨区妙法寺字中田(中田バス停付近)  
      【終点】須磨区明神町1丁目(明神橋)
◆延長 2,060メートル
◆計画幅員(標準) 16メートル
◆都市計画決定 【当初】昭和23年5月8日(建設院告示第179号)
            【最新】平成14年9月20日(神戸市告示第308号)
◆事業認可    【当初】平成15年7月22日(兵庫県告示第899号)
            【最新】平成29年3月28日(兵庫県告示第331号)

標準断面

断面図◆車道は、ゆとりある幅員の2車線とし、緊急車両の走行や沿道利用が円滑にできるようにします。
◆広い歩道を両側に設置し、通学路の安全を確保します。

進捗状況

◆平成25年3月、妙法寺小学校前交差点以南(約200メートル)が完成しました。
◆平成25年7月、明神町1丁目の片側歩道(約120メートル)が完成しました。
◆平成27年5月、妙法寺字堂ノ下の片側歩道(約100メートル)が完成しました。
◆平成28年3月、明神町4丁目バイパス区間(約150メートル)が完成しました。
◆平成30年7月、毘沙門橋拡幅工事が完成しました。
◆平成31年3月、明神橋架替工事が完成しました。
◆引き続き、交通渋滞の解消や急カーブの改善、歩道の新設による交通安全の確保など、整備効果の高い区間から事業を進めていきます。

整備前の状況

整備前の写真明神町1丁目 (撮影方向:南から北)

完成後の状況

完成後の写真(妙法寺小学校以南)妙法寺小学校前交差点南側 平成25年3月完成 (撮影方向:南から北)

完成後の写真(明神町)明神町4丁目 平成28年3月完成 (撮影方向:南から北)

工事中の状況

整備中の写真1明神橋(明神町1丁目) (撮影方向:南から北)

整備中の写真2毘沙門橋(妙法寺字前田) (撮影方向:南から北)

その他

下記のリーフレットもあわせてご覧ください。