神戸市-KOBE-


「こうべ障害者音楽フェア2019ジョイフルコンサート」を開催します!

記者資料提供(令和元年9月25日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
こうべ障害者音楽フェア実行委員会事務局(神戸市社会福祉協議会 障害者スポーツ振興センター内)

「こうべ障害者音楽フェア2019ジョイフルコンサート」を開催します!

 こうべ障害者音楽フェア「ジョイフルコンサート」は、障がいのある人の音楽活動の発表の場として、また障がいのある人もない人も音楽を通じて共に感動を分かち合う交流の場として、2007年より毎年開催しています。今年は、障がいのある音楽家3組に加え、素敵なゲストが出演して会場を盛り上げます。
 チケットは、2019年9月24日(火曜)より、下記の各販売所にてお取り扱いを開始しております。
 障がいの有無に関係なく楽しめるコンサートになっておりますので、是非ご来場ください。
☆神戸・リオ姉妹都市提携50周年記念

1.日時

12月1日(日曜)14時から16時15分頃(開場13時30分)

2.会場

神戸新聞松方ホール(中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階)

3.主催

こうべ障害者音楽フェア実行委員会

4.後援

一般財団法人神戸新聞文化財団/サンテレビジョン/
公益財団法人神戸市民文化振興財団/NHK神戸放送局

5.協賛

株式会社ラスイート/カフェボヌール・ヴェール/兵庫県遊技業組合連合会青年部会/
株式会社日本食品エコロジー研究所/神戸フランツ/一般社団法人未来こども学院/
みのりケアサービス/神戸(ホスト)ライオンズクラブ/はな音楽教室/
しみず鍼灸整骨院/株式会社神戸モリ―ママ

6.入場料

小学生以上1,000円(全席自由席)

7.チケット発売開始日

9月24日(火曜)

8.プレイガイド

・松方ホールチケットオフィス(窓口販売のみ) TEL(078)362−7191
・神戸国際会館プレイガイド(窓口販売のみ) TEL(078)230−3300
・e(イープラス)

9.出演者(敬称略)

(1)Bell Kids & Bell Kids Junior
 ハンドベル&トーンチャイムを演奏するグループ。障がいをもった子ども達が将来につながる楽しい事をやりたいと、1997年5月にBell Kids結成。2002年に5周年コンサートを神戸市産業振興センターで開催。その演奏を聴いて、2005年1月にBell Kids Junior結成。2006年のBell Kids10周年コンサートにはJuniorも出演。2013年3月に15周年&7周年記念コンサート、昨年7月には20周年&12周年記念コンサートをピフレホールで開催した。現在、男女16名のメンバーで活動しており、ジョイフルコンサートには6年ぶりの出演となる。1曲仕上げるのにも多くの時間が必要だが、「出会いを大切に」沢山の方々に聴いて頂けるよう、親子で励んでいる。テーマソングは日本ハンドベル連盟理事の阿部望氏が子ども達の為に作曲して下さった。

(2)かしわもちかずと
 2001年生まれで、兵庫県明石市在住。兵庫県立視覚特別支援学校高等部3年生の18歳。先天性の網膜の病気で、生まれつき目が見えない。9歳の時に独学でギターを始め、嘉門タツオさんの曲をコピーするようになる。その奏法は“かしわもちスタイル”ギターをお琴のようにして弾く。フォークソングや演歌にも興味を持ちライブ活動を始め、共感の中で歌う楽しさを知る。“自分の言葉と感じたこと”で歌を作り、「みなさんと楽しめたら」とオリジナル曲も多く制作。2019年5月18日、初のオリジナルアルバム『届け!僕の歌』を発売。

(3)時田直也
 1960年、神戸市生まれ。生後半年で未熟児網膜症と診断される。1981年、「ヘレンケラー全日本盲学生音楽コンクール声楽の部」優勝。1989年、大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。1996年、神戸芸術団体“半どんの会”より「文化賞芸術奨励賞」を受賞。岡田征士郎、藤井公子、横井輝男、各氏に師事。著書『風ふく道で〜光の声をききながら』出版、CD『心の緒琴に〜Sweet Peace the Gift of God’s Love〜』『星とたんぽぽ』『日本歌曲第10集(全29曲、内6曲収録)』『阪神淡路大震災・東日本大震災追悼コンサートかけがえのないあなたへ』他リリース。「神戸波の会」会員、西日本福音ルーテル教会・青谷福音ルーテル教会会員。そよ風ミュージックルーム講師。ドイツ・タイでのコンサートをはじめ、国内外で好評を博している。
声楽家/Baritone&Pianist http://naokaze.com

10.スペシャルゲスト

小野リサ&ファビアン・レザ・パネ(デュオ)
 
・小野リサ
 1962年、ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。1989年、アルバム『カトピり』でデビュー。“ボサノバの神様”アントニオ・カルロス・ジョビンや、“ジャズ・サンバの巨匠”ジョアン・ドナートとの共演、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っている。1999年、アルバム『ドリーム』が20万枚を超えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4度受賞。2013年にブラジル政府からリオ・ブランコ国家勲章を授与されるなど、日本におけるボサノバの第一人者としての地位を不動のものとしている。デビュー30周年を記念し、J-POPカバーアルバム第4弾『旅そしてふるさと』を2018年3月にリリースし、このアルバムを引っさげて全国ツアーを開催。2019年9月には初のニュージーランド(オークランド)と、オーストラリア(アデレード・ブリスベン・メルボルン・シドニーオペラハウス)でのオセアニアコンサートツアーが決定している。
小野リサ オフィシャルサイト http://onolisa.com

・ファビアン・レザ・パネ
 1986〜7年にかけて『海辺のサティ』他8枚のアルバム(ネオ・シック・シリーズ)およびソロ・ピアノによるクリスマス・ソング集をリリース、ピアニスト・編曲家として注目を集める。その後大貫妙子、小野リサ、川井郁子など多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加。繊細かつ研ぎ澄まされた独特のピアノ・タッチと音色には定評がある。2003年に自己レーベル「Amphibian」を立ち上げ、ソロ・ピアノによるアルバムを中心にリリース。また、川井郁子atカーネギーホール2008、小野リサ・アジアツアーなど、海外での演奏もたびたび行っている。

11.問い合わせ先

こうべ障害者音楽フェア実行委員会事務局(神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター内)
担当:長井・今枝
TEL:078-271-5330 FAX:078-271-5367

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。