神戸市-KOBE-


首都圏への観光プロモーションによるテレビ・雑誌への露出について

ロゴ

記者資料提供(令和元年9月20日)
(一財)神戸観光局  観光部

首都圏への観光プロモーションによるテレビ・雑誌への露出について

 神戸観光局では、令和元年にマーケティングに基づき「国内戦略」を策定しました。20代から40代の女性、首都圏(成長マーケット)・関西圏(リピートマーケット)をイメージターゲットとしたプロモーションを展開しています。
 首都圏における神戸の露出を増やすため、映画・テレビ番組等の撮影交渉・誘致活動等を行う「神戸フィルムオフィス」の知見など活かしつつ、メディアとの関係性が深い在京のPR会社にプレスリリースの配信等を委託し、各種メディアへの営業・企画提案を実施した結果、雑誌・テレビにおける露出が決定いたしました。
 また、プロモーションを加速させるため、神戸と東京において、神戸市民・メディア関係者などと神戸の観光の魅力を深堀りする会議を開催いたします。

1.首都圏メディアへのプロモーションについて

・「暮らすように旅する神戸」をコンセプトに、朝食、パン、日本酒、ジャズなど、9つのコンテンツやテーマごとに、歴史・背景や店舗・スポットを紹介した冊子を編集し、在京メディアに対して積極的な営業活動を実施しています。
・プレスリリースの配信についても、単なるイベントの開催情報だけでなく、開催の経緯や主催者の声をあわせて発信することで、よりタイムリーで内容の濃い露出につながるよう工夫しています。

2.具体的な成果について

 上記の取り組みを進めた結果、この度、以下の媒体において、神戸が取り上げられることが決定いたしました。

(1)25ans.  (ハースト婦人画報社出版、9月28日発売(11月号)) 

雑誌全世代のエレガンス派女性に愛されるファッション・マガジン。
11月号では14ページにわたり神戸特集が組まれ、主に「ザ・ヴェランダ神戸」(神戸布引ハーブ園内)をはじめ、市内数か所が25ans.世代の女性に人気の場所として取材・掲載されています。
(←参考*10月号) http://www.25ans.jp/

(2)nice things. (ミディアム、9月23日発売(11月号)) 

雑誌写真「私の仕事と何かの未来」という特集ページにて、EAT LOCAL KOBE FARMSTAND運営を運営されている小泉寛明さん、茅葺き職人の相良 育弥さんが取材・掲載されています。
https://nicethings.jp/ 
(←11月号)

(3)バナナマンのせっかくグルメ!!(TBS、9月22日 18時30分から20時放送予定)

→川田裕美さん&滝沢カレンさんが来神、主に神戸ビーフや神戸スイーツを楽しまれた様子が放送されます。

3.KOBE EYE会議について ★ぜひご取材ください★

・目的
神戸の奥深い魅力を多くの人たちに知っていただくために、神戸観光局と神戸市民、メディア関係者などと「KOBE EYE(こうべあい)」を結成。
「KOBE EYE」という名前は、神戸を愛する人が見ているもの、感じているものについて話し合い、神戸の市民目線で発信していこうと名付けられました。
神戸と東京で、2ヶ月に1回をベースに開催中。

・開催日時:2019年9月26日(木曜)19時から21時
・開催場所:(一財)神戸観光局内
        神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館9F
・次回テーマ:各人が思う「暮らすように旅する神戸」とは?
        ご参加の方々からアイデアを募ります。(参加予定:5名)

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。