神戸市-KOBE-


神戸市難病相談支援センターを開設します

記者資料提供(令和元年9月20日)
保健福祉局保健所調整課

神戸市難病相談支援センターを開設します

 2018年(平成30年)4月、「難病の患者に対する医療等に関する法律」の改正により、指定都市も難病相談支援センターの設置主体に定められました。
 神戸市難病相談支援センターは、難病の患者さんやご家族の方が療養生活や日常生活を送る上で生じる悩みや不安を解消し、地域で安心して暮らせるようきめ細やかな相談や支援を行うため、神戸市の委託事業として、神戸大学医学部附属病院内に設置します。

1.開設日

2019年(令和元年)10月1日(火曜)

2.場所

神戸大学医学部附属病院 総合相談窓口 内(外来診療棟1階)
(神戸市中央区楠町7丁目5番2号)

3.活動内容

(1) 相談事業
(2) 講演会や研修会などの開催
(3) 医療福祉情報の提供
(4) ピアサポート・患者会支援
(5) 就労相談・支援

5.体制

センター長(医師):1名(兼務)
医療ソーシャルワーカー:1名
看護師:1名

5.受付日時

月曜から金曜 9時から12時、13時から16時30分(祝祭日・年末年始除く)
医師による医療相談あり(予約制)
就労相談は、毎月第3水曜 午前(予約制)
※ハローワークより、難病患者就職サポーター派遣

(参考)

指定難病・・・333疾患
神戸市難病患者・・・12,291人(特定医療(指定難病)受給者証所持者)
              (2019年(令和元年)7月時点)

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。