神戸市-KOBE-


〜老朽空家等解体補助制度が大好評!〜市長による街頭キャンペーンを実施します!!

記者資料提供(令和元年9月12日)
建築住宅局
建築指導部安全対策課

〜老朽空家等解体補助制度が大好評!〜市長による街頭キャンペーンを実施します!!

市長による街頭キャンペーンを実施します!!

1.趣 旨

 良好な住環境をまもり、まちの荒廃を未然に防ぐため、神戸市では今年度より活用見込みが乏しく腐朽・破損のある空き家や、建替が困難な老朽家屋を対象に、全国最大規模(年間約500戸)の解体補助を実施しています。
6月3日の受付開始以来、窓口の「すまいるネット(※)」には多くの反響を頂いており、9月7日現在142件(191戸)の申請を受け付けています。
市のホームページや広報紙、所有者の方へのはがきなどで周知をしていますが、さらにこの制度を広め、利用予定のない空き家所有者の方々にご利用いただくことで美しいまち神戸を実現するため、下記日程で市長自ら街頭キャンペーンを実施します。 (※)すまいるネットは神戸市の住宅・まちづくり施策の総合窓口

2.街頭キャンペーン

(1)日時
令和元年9月17日(火曜)13時30分から14時30分まで
(2)場所
三宮駅連絡地下通路(阪神 神戸三宮駅西口北側のスペース)
(神戸市中央区雲井通8丁目1付近)
(3)キャンペーン概要
市長や関係職員が街頭で空き家の管理の大切さや、解体補助の活用を市民に呼びかけます。

チラシデザイン

ティッシュデザイン

3.申請の受付状況(9月7日時点)

( 事例写真 )(1)件数 142件
(2)戸数 191件
(3)申請場所の特徴
・約6割の申請が兵庫・長田・須磨・垂水の西部既成市街地から出されています。その他の区についても古くから市街化が進んでいた市域で広く申請が寄せられています。
(4)申請物件の特徴
・申請された空き家には、腐朽・破損のある3年以上の空き家が4割程度含まれていることから、この補助制度をきっかけに解体に動き出したと思われ、長期空き家解消への有効性が認められます。
・申請者の居住地では、広範囲に広報が届くように実施した結果、市外の所有者からの申請も2割近く含まれています。
・空き家の発生となる事情では、親からの相続時だけでなく、老人施設等への入所などを機に空き家継続に至るケースも複数見られます。

4.補助の概要

〔補助対象者〕 老朽空き家等の所有者等 ※ 法人可
〔補助条件〕   昭和56年5月以前に着工された旧耐震基準の家屋で、次のいずれかに該当するもの
1. 一部腐朽・破損がある空き家
2.幅員2メートル未満の道のみに接する土地の上に建つ家屋
3.60平方メートル未満の土地の上に建つ家屋
〔補助金額〕  解体工事に要した費用の1/3以内かつ上限50万円(1件あたり)
〔予定件数〕  約500件
〔受付窓口〕  神戸市すまいとまちの安心支援センター すまいるネット
TEL:(9月24日まで)078-242-6069
TEL:(9月27日から)078-647-9969