神戸市-KOBE-


灘五郷の酒蔵・(株)神戸酒心館が「エコプロアワード 財務大臣賞」受賞

記者資料提供(令和元年9月11日)
経済観光局ファッション産業課

灘五郷の酒蔵・(株)神戸酒心館が「エコプロアワード 財務大臣賞」受賞

 このたび、灘五郷の酒蔵である(株)神戸酒心館が「第2回エコプロアワード」において「財務大臣賞」を受賞しました。「伝統と革新がもたらすサステナブルな酒造り」が評価されたものです。
 「エコプロアワード」は、日本市場において事業者・消費者・投資家等から評価が高く、具体的に優れた環境配慮が組み込まれた製品・サービス・技術・ソリューション・ビジネスモデルを表彰することで、さらなる開発・普及促進を図り、持続可能な社会づくりに寄与することを目的とした制度です。
 今年度は50件の応募があり、厳正なる審査の結果、21件が選出され、最も優れた表彰候補5件が、財務大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞、環境大臣賞に決定しました。
 【審査結果発表について:http://www.jemai.or.jp/ris/2st_eco-pro_award.html】

1.(株)神戸酒心館の取り組み概要

酒心館財務大臣賞:伝統と革新がもたらすサステナブルな酒造り
 社員によるイノベーションが品質の向上をもたらし、地球温暖化防止と生産性向上、水資源の保全と節水、酒粕の再利用、ビン(ボトル)の再資源化、生物多様性への配慮、有害物質・環境影響物質への対応に取り組むなど、省エネルギー・資源有効利用の活動を展開し、環境価値(エネルギーや水の使用量、CO2排出量の削減)と事業価値(売上増加とコストダウンによる事業成長)を両立し、酒蔵の継承と発展につなげた。

2.表彰式について

(1)日 時:12 月5日(木曜)午後3時30 分から
(2)場 所:「エコプロ2019」(※)の会場内(東京都江東区 東京ビッグサイト)
(3)その他:「エコプロ2019」会期中、会場内エコプロアワード受賞記念エリアにてパネル展示を実施。
なお、神戸市は、本展示会へ出展し、(株)神戸酒心館と連携して「灘五郷」の取組みを発信します。

※ エコプロ2019 について
 ・会期:12 月5日(木曜)から7 日(土曜)まで(3日間)
 ・場所:東京ビッグサイト
 ・主催:般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

3.問い合わせ先

(1)エコプロアワードについて
  エコプロアワード運営事務局
(一般社団法人産業環境管理協会 地域・産業支援センター内) TEL:03-5209-7825  
(2)(株)神戸酒心館について
  株式会社神戸酒心館経営企画室 西野  TEL:078−821-2911

4.参考

【エコプロアワードについて】

エコプロロゴ 「エコプロアワード」は、旧「エコプロダクツ大賞」(2004〜2016年実施)の理念や実績を継承しながら、様々な社会経済の変化を視野に入れて刷新し、2018年より新たに開始された、一般社団法人産業環境管理協会が運営する表彰制度です。
 日本市場において事業者・消費者・投資家、市場関係者から評価が高く、具体的に優れた環境配慮が組み込まれた製品・サービス・技術・ソリューション・ビジネスモデルといった案件を表彰することによって、これらのさらなる開発・普及促進を図り、持続可能な社会づくりに寄与することを目的としています。

 ■主催   :般社団法人産業環境管理協会
 ■後援   :財務省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省
 ■特別協力:日本経済新聞社
 ■協力   :般財団法人 地球・人間環境フォーラム、
        公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団、般社団法人 日本有機資源協会

【灘五郷について】

 神戸市の西郷・御影郷・魚崎郷と、西宮市の西宮郷・今津郷の五つの郷の総称で、酒造りに最適の「宮水」が湧き出るほか、酒造用原材料米の最高峰といわれる「山田錦」の産地も近いことから、「日本一の酒どころ」として栄えています。現在は、27の清酒・みりんを製造する蔵元があり、全国の約25%に相当する量の日本酒がこの一帯で製造されています。

絵図