神戸市-KOBE-


『まちづくり規制に関するアドバイザリーボード』の設置及びミーティングの開催

記者資料提供(令和元年9月11日)
企画調整局企画課

『まちづくり規制に関するアドバイザリーボード』の設置及びミーティングの開催

1.『まちづくり規制に関するアドバイザリーボード』について

(1)設置趣旨・目的

 現行の都市計画法は、昭和30年代の高度成長期に都市への急速な人口・諸機能の集中が進み、市街地の無秩序な外延化が深刻化していた社会経済状況を背景に、昭和43年に制定されたものであり、その後、用途地域の細分化や地区計画制度の導入など、都度必要な改正がなされてきました。
 しかしながら、少子高齢化や核家族化、最近では職住近接志向が進む中で、従前からの働く場所と住む場所を明確に分ける土地利用規制の考え方が社会ニーズ、特にライフスタイルと合致しなくなってきています。
 そこで、まちづくり規制に関するアドバイザリーボードを設置し、今後の規制のあり方について研究を行います。

(2)アドバイザリーボード委員(50音順、敬称略)

 小川 一茂 神戸学院大学法学部法律学科准教授
 角松 生史 神戸大学大学院法学研究科教授
 栗山 尚子 神戸大学大学院工学研究科建築学専攻准教授

(3)設置日

 令和元年9月13日(金曜)

2.『まちづくり規制に関するアドバイザリーボード』ミーティングの開催について

(1)日時

 令和元年9月13日(金曜) 9時30分から10時30分

(2)場所

 神戸市役所1号館14階 第4応接室

(3)議事予定

 ・市長より趣旨説明
 ・意見交換

(4)その他

 冒頭のみ公開とし、意見交換については非公開とします。