神戸市-KOBE-


市立高等学校における実習データの消失

記者資料提供(令和元年9月9日)
教育委員会事務局
学校支援部学校経営支援課

市立高等学校における実習データの消失

1.概要

 令和元年9月2日(月曜),市立高等学校において,コンピュータ教室のパーソナルコンピュータ(以下,PC)に保存されているデータを消失していることが判明しました。
 8月中旬から9月初めにかけて,生徒が実習で使用しているPCのOSアップデート等をPC保守会社が行う際,バックアップを取得しなかったため,当該PC内に保存していたデータが消失しました。

2.PCに保存されていたデータ

生徒が授業内で作成した作品製作用のデータ(CAD図面等)等 38名分

3.PC保守会社

株式会社 ニチワ

4.原因

・PC保守業者がデータ消失の可能性を学校に説明していなかったこと。
・PC保守業者の作業手順の誤りとして,データバックアップの必要性を考慮していなかったこと。

5.今後の対応

・生徒に,今後の授業(一部は授業時間外にも機器操作等の作業時間確保)内で改めて作品製作用のデータ(CAD図面等)を再作成させます。
・評価に関して,時間不足による影響は生徒の不利益にならないよう配慮します。 
・PC保守会社がアップデート等の作業を行う際は,バックアップの要否等を学校とPC保守会社の双方で,事前に確認するためのチェックシートにより確認を行います。

6.問合せ先

教育委員会事務局学校支援部学校経営支援課
TEL:078-322-6440