神戸市-KOBE-


扇子にもなる!? 神戸ビーフ型ブローシャーで神戸をPR

ロゴ

記者資料提供(令和元年9月9日)
(一財)神戸観光局

サプライズある仕掛けで思わず笑いが!

扇子にもなる!? 神戸ビーフ型ブローシャーで神戸をPR

 神戸ビーフの世界的認知度は高く、海外では「神戸がどこにあるかはよくわからないけれど、神戸ビーフは知っている」と言われることもしばしば。そこで神戸市のMICE誘致用海外PR素材として“神戸のインパクトを残し、且つ保存しておきたくなるもの”というコンセプトで、神戸ビーフ型のブローシャーを制作しました。

 中面では、神戸で開催されるMICEの参加者用に開発した「アフターMICEプログラム」を紹介。これは神戸ならではの特別な体験や、日本文化などを学びながら楽しめるプログラムです。また裏面には、摩耶山からの夜景や須磨の美しいビーチ、そのほか酒蔵の街並み、紅葉シーンなど、神戸の魅力的な景色を掲載。表裏でどちらも楽しめるよう、工夫しました。

 海外商談時の評判も上々で、ブローシャーを手にした人からは思わず笑いが! サプライズある仕掛けに驚きつつも「神戸ビーフを食べてみたい」「この脂がジューシーでおいしんだよね」と、話が盛り上がるきっかけにもなっています。
 国際会議や学会のアフターコンベンション利用や、企業のインセンティブツアー誘致のためのPR用に、どんどんと役立てていきます。

ビーフ型ブローシャー