神戸市-KOBE-


スタートアップと神戸市が協働する、国内自治体初の地域課題解決プロジェクト 「Urban Innovation KOBE」 令和元年度上半期の実施を決定!! 行政が抱える課題の解決に取り組む、7社のスタートアップが決定

記者資料提供(令和元年9月9日)
医療・新産業本部 新産業部 新産業課

スタートアップと神戸市が協働する、国内自治体初の地域課題解決プロジェクト 「Urban Innovation KOBE」 令和元年度上半期の実施を決定!! 行政が抱える課題の解決に取り組む、7社のスタートアップが決定

起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す神戸市は、スタートアップ(成長型起業家)・ベンチャー企業と市職員が協働して本市の地域・行政課題を解決する国内自治体初プロジェクト「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」を、平成30年度より実施しています。このたび、Urban Innovation KOBEとして新たに取り組む6つの課題とスタートアップ企業が決定しました。

今回決定した企業とそれぞれの課題を所管する担当課の職員は、9月から約4か月間、サービスの協働開発から試行導入、実証実験にともに取り組み、サービスの提供を目指します。

賑わいのある商店街の画像

放置自転車の画像

(商店街(上)・市場の魅力発信や、放置自転車(下)撤去の効率化に取り組む)

これらの取り組みを通じて、スタートアップの育成と地域課題の解決、さらには経済の活性化を図っていきます。

1.審査方法、審査基準について

ウェブサイトから応募を受付けた37社に対して、書類選考および面談を実施。チームの優秀度、課題の理解度、職員との協調性、新規性・創造性、継続性・収益性の基準により審査の上、6課題7社を採択しました。

2.採択企業・提案の概要

≪課題1≫大規模集客施設の集積地域における安全性の検証実験(応募:1社)
所管課 :都市局 計画部 指導課
採択企業:株式会社MaaS Tech Japan

≪課題2≫子育て世代に届けたい! 商店街・市場の魅力発信(応募:8社)
所管課:経済観光局 商業流通課
採択企業:株式会社BLUE STYLE・ためま株式会社

≪課題3≫今までの概念を変えたい!従来型給与システムの刷新と大幅な経費削減(応募:4社)
所管課:教育委員会事務局 総務部 教職員課
採択企業:株式会社Honeycome

≪課題4≫オートマッチングを見据えた、中小企業情報の効果的な運用ツール開発(応募:4社)
所管課:公益財団法人 神戸市産業振興財団 商業・ものづくり支援部 ものづくり支援課
採択企業:株式会社クラウドシエン

≪課題5≫「カメラx 画像認識AI」放置自転車撤去の効率化ツール実証開発(応募:4社)
所管課:建設局 都市技術研究室・道路部計画課
採択企業:株式会社フューチャースタンダード

≪課題6≫事故防止に向けた、公共建築物点検結果の自動解析システムの実証開発(応募:3社)
所管課:建築住宅局 保全課
採択企業:あっとクリエーション株式会社

≪参考≫気軽に公園レンタル!公園の利活用から新しい公共空間をつくりたい(応募:6社)
所管課:芦屋市都市建設部公園緑地課
採択企業:株式会社パークフル

3.今後のスケジュール(予定)

令和元年9月〜10月 スタートアップと担当職員との協働開発
令和元年11月〜12月 実証実験
令和2年2月 成果発表会

「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」への芦屋市の参加について

 Urban Innovation KOBEプロジェクトの認知度向上および、更なるスタートアップの支援のため、令和元年度上期より全国展開に先駆けて芦屋市の参加が決定しました。
 芦屋市の行政課題に対し、神戸市より企業とのマッチングや実証実験の進捗管理等のサポートを行います。