神戸市-KOBE-


発足20周年を迎えたみなと銀行から神戸市の小学生のプログラミング教育に活用する教材を寄付いただきます!

記者資料提供(令和元年9月3日)
教育委員会事務局
総合教育センター研修育成課

発足20周年を迎えたみなと銀行から神戸市の小学生のプログラミング教育に活用する教材を寄付いただきます!

 神戸市とみなと銀行は、平成30年4月に「産業振興にかかる連携協力に関する協定」を結ぶなど、様々な分野で連携した取組を進めています。この度、同行の発足20周年記念事業の一つとして、地域貢献寄付型ファンド「神戸市とともに」の金利収入の一部を財源に、神戸市の小学生のためにプログラミング学習教材(642万円相当)を寄付いただくことになりました。
 ついては、同行と、ファンドの趣旨にご賛同いただいた企業による寄付金寄贈式を行います。

1.寄付金寄贈式について

(1)日 時  令和元年9月10日(火曜)15時から16時
(2)場 所  神戸市役所1号館14階大会議室
(3)出席者  みなと銀行代表取締役頭取兼最高執行役員 服部博明 様
         ご賛同企業(約30社)
         神戸市長 久元喜造、神戸市教育長 長田淳 ほか
(4)次 第  あいさつ(みなと銀行、ご賛同企業、神戸市)
         目録贈呈、ご賛同企業ネームプレート披露
         御影小学校児童による寄付教材の実演

2.寄付いただく教材について

アーテックロボ360セット(今後各区の拠点校に配置し、各校に貸し出し)
(株)アーテックが開発したロボットプログラミング教材。カラーブロックを組み立てて、信号機、自動車等を形作り、プログラミングソフトによって動かすことができる。

<参考1> 連携協定について

神戸市と株式会社みなと銀行との産業振興にかかる連携協力に関する協定書
・・・別紙「資料1」のとおり
※お問合せ 経済観光局経済政策課(TEL:078-322-5544)
  関西みらいフィナンシャルグループ(みなと銀行)広報室 藤井・谷川
  TEL:078-333-3247 (平日9時から17時)

<参考2> 地域貢献寄付型ファンド「神戸市とともに」について

発足20周年を記念してみなと銀行が実施。令和元年1月4日から6月28日の募集期間に107社が64億2,000万円の証書貸付に応募。
募集リーフレット・・・別紙のとおり
※お問合せ 関西みらいフィナンシャルグループ(みなと銀行)広報室 藤井
  TEL:078-333-3247 (平日9時から17時)

3.取材について

 取材を希望される報道関係者は9月9日(月曜)9時までに別紙の「取材申込書」をご提出ください。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。