神戸市-KOBE-


グレゴール・シュナイダー≪美術館の終焉−12の道行き≫全作品および開催内容について

記者資料提供(令和元年9月3日)
TRANS-KOBE実行委員会事務局(公益財団法人 神戸市民文化振興財団 事業課内)
川端・白川(TEL:078-515-6034)

アート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS-

グレゴール・シュナイダー≪美術館の終焉−12の道行き≫全作品および開催内容について

 9月14日から、神戸市の新開地エリア、兵庫港エリア、新長田エリアを中心に開催されるアート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS- (以下、TRANS- )のメインプログラムのひとつとして、参加作家グレゴール・シュナイダーによる≪美術館の終焉−12の道行き≫と名づけられた12作品が、神戸市内の8ヵ所に出現します。このたび、シュナイダー全作品の内容およびTRANS- の開催内容が決定いたしましたのでお知らせします。

1.グレゴール・シュナイダー≪美術館の終焉−12の道行き≫作品について

〔資料〕プレスリリース2019.9.3(3〜5ページ)

2.チケット情報について

・全作品鑑賞券(《日輪の翼》公演を除く)
大人\1,500/大学生および65歳以上\500/高校生以下 無料/障がい者手帳を提示の本人と同伴者一名は無料
・個別作品鑑賞券
大人\ 500/大学生および65歳以上\200/高校生以下 無料/障がい者手帳を提示の本人と同伴者一名は無料
〔資料〕プレスリリース2019.9.3(6ページ)

3.TRANS-PASSENGER ticket(1日乗車券)について

作品鑑賞にお得な1日乗車券を会期中販売します(\500)。
通用区間:1 神戸市営地下鉄海岸線 全線 2 神戸市営バス 3、9、110、112系統
〔資料〕プレスリリース2019.9.3(6ページ)

4.レンタサイクル(ART CYCLE)について

「TRANS-PASSENGER ticket」購入の方は無料で「ART CYCLE(アートサイクル)」をレンタルいただけます。
〔資料〕プレスリリース2019.9.3(6ページ)

5.公式アプリのリリースについて

 展示情報やイベント情報等にアクセスできる《周遊アプリ》、シュナイダー作品が見られる《シュナイダー展示アプリ》をリリース予定です。
〔資料〕プレスリリース2019.9.3(6ページ)

6.パブリックプログラムについて

会期中、アーティストイベントのほか、落語や、高齢者と協働し開催するプログラム、子ども向けのワークショップ等、あらゆる方が楽しめる、様々なイベントを開催します。
〔資料〕プレスリリース2019.9.3(7ページ)

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。