神戸市-KOBE-


「住宅新築資金等貸付金償還事務」における個人情報を含む関係書類の紛失について

記者資料提供(令和元年9月13日)
建築住宅局住宅政策課

「住宅新築資金等貸付金償還事務」における個人情報を含む関係書類の紛失について

1.概要

 建築住宅局において実施している住宅新築資金等貸付金の償還事務において、個人情報が綴られたフラットファイルを紛失した。
 令和元年9月12日(木曜)、長田区内の債務者宅への訪問徴収を行った後に帰庁した際に、当日の訪問予定先3件分の債務の状況等の個人情報が綴られたフラットファイルを紛失していることに気づいた。
 当日は、嘱託職員1名が午前9時15分頃に市役所を出発し、JRで三宮駅から鷹取駅に移動し債務者宅を訪問・徴収、その後、JR、地下鉄を乗り継ぎ長田駅に移動。金融機関にて償還金を入金後、別の債務者宅を訪問し、高速神戸駅から阪神三宮駅に移動し帰庁。
 9月12日(木曜)午後以降、当日の移動経路を再度訪れ捜索するとともに、利用した鉄道会社の忘れ物センター、金融機関、警察に問い合わせているが、現在のところ見つかっていない。

2.紛失した個人情報

 債務者3件分の氏名、住所、生年月日、電話番号や債務、償還の状況、交渉記録、契約書の写し等の個人情報

3.債務者への対応

 9月12日(木曜)夕方、電話により債務者へ資料が紛失した旨の説明とお詫び、現在捜索を行っている旨説明。9月13日(金曜)に債務者宅への訪問及び電話により再度お詫びと状況説明をした。

4.再発防止

 個人情報保護への取り組みの重要性は従前より研修などを通じて職員に周知してきているが、なお一層の周知、理解が必要なことから、職員に対し関係書類の取り扱いについて管理を徹底し、再発防止に努めてまいります。