神戸市-KOBE-


コレクション企画展示「絵画の“まなざし”を感じて」の開催

記者資料提供(令和元年8月22日)
教育委員会事務局 博物館 小磯記念美術館

小磯記念美術館

コレクション企画展示「絵画の“まなざし”を感じて」の開催

◆展覧会「絵画の“まなざし”を感じて」の内容◆

平成30年2月に開催したコレクション企画展示「絵の中の音を聞く」に関連するシリーズとして、小磯良平や神戸にゆかりのある画家約20名の作品から、“視線”をテーマに作品を選んでご紹介します。 
皆さんは、絵画に“見られて”思わずドキリとしたことはありませんか。自画像や肖像の訴えるかのような目力、見る者をはっとさせるモデルの一瞥、あるいは絵の登場人物同士に行き交う意味ありげな視線・・・・・・。作品に描きとめられた人々の目やその視線は、その人の表情や内面の深さ、そして画家が作品に込めようとした想いを伝えてくれます。ぜひ会場で作品を“見つめ返して”、絵の中の世界を想像する楽しさを感じてください。

◆同時開催 小磯良平作品選3 特集:挿絵原画「古都」【川端康成・著】◆

当館所蔵の小磯良平作品を展示。今回は特集として、小磯良平が手がけた川端康成の小説『古都』の挿絵原画を紹介します。

◆会場、会期等◆

会  場:神戸市立小磯記念美術館
〒658‐0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7
電話:078‐857‐5880
*六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)」駅下車すぐ
http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/ 
会  期:令和元年9月14日(土曜)〜令和元年11月10日(日曜)
休 館 日:月曜日(ただし、月曜が祝休日の場合は開館し、その翌火曜が休館)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
入 館 料:一般200(160)円、大学生100(50)円
※( )内は30名以上の団体料金
※高校生以下は無料(学生証、生徒手帳などを持参ください)
※神戸市在住の65歳以上の方は無料
(住所と年齢が証明できるものを持参ください)
※障がい者手帳など持参の方は無料

◆主催◆

神戸市立小磯記念美術館

◆会期中のイベント案内◆

○ギャラリーツアー
学芸員と一緒に作品を鑑賞するツアー
毎週日曜 午後2時から約30分間
○子供のための美術講座
・美術館大作戦4「絵が合体!?からくりアート」
 右からと左からでは、見える形が違う!?2枚の絵が合体した不思議な作品をつくろう!
 日時:9月14日(土曜)午後2時から午後4時半まで(申込締切9月4日)
 対象:4歳から小・中学生(未就学児は保護者同伴)
 定員:20名
※申込方法については、別途チラシやホームページをご覧ください。
○RIC(リック)あそ美ば2019
  美術館前広場で開催する無料のワークショップイベントです。
  日時:11月3日(日曜祝日)午前11時から午後4時まで
  ※詳細は別途チラシをご覧ください。
○小磯マンスリーコンサート
毎月第3日曜日午後2時から定期開催中

◆会期中のイベント案内◆

小磯良平《室内のバレリーナ》1967年、当館蔵小磯良平《室内のバレリーナ》1967年、当館蔵

中西勝《黒い聖母子》 1974年、当館蔵中西勝《黒い聖母子》 1974年、当館蔵

田中忠雄《ユダの手だけが汚れていたのではない》1979年、当館蔵田中忠雄《ユダの手だけが汚れていたのではない》1979年、当館蔵

鴨居玲《風船と女》1965年、当館蔵鴨居玲《風船と女》1965年、当館蔵