神戸市-KOBE-


神戸市立王子動物園 アムールヒョウの赤ちゃん誕生

Kobeojizoo

記者資料提供(令和元年8月13日)
建設局王子動物園

神戸市立王子動物園 アムールヒョウの赤ちゃん誕生

7月29日(月)にアムールヒョウの赤ちゃんが3頭誕生しました。アムールヒョウは、野生下で約100頭しか生息が確認されていない絶滅危惧種(亜種)です。
父親「アニュイ」と母親「セイラ」の間に生まれた初めての赤ちゃんですが、母親の「セイラ」が子育てできなかったため、3頭は人工哺育で育てられています。赤ちゃんはしばらくの間、非公開となります。

赤ちゃんの情報

出生日 : 2019年7月29日
性別  : オス1頭、メス2頭

アムールヒョウ

アムールヒョウ

アムールヒョウ

両親の情報

父親:「アニュイ」(10歳)
 2008年10月12日イギリス Wildlife Heritage Foundation生まれ
 2011年2月24日福山市立動物園に移動
 2015年12月15日広島市安佐動物公園に移動
 2018年11月15日神戸市立王子動物園に来園
母親:「セイラ」(4歳)
 2015年4月8日神戸市立王子動物園生まれ

王子動物園のアムールヒョウ繁殖歴

1996年8月30日に父親「カニム」と母親「サクラ」の間でメス2頭を出産
2015年4月8日に父親「アムロ」と母親「ポン」の間でメス1頭「セイラ」を出産

アムールヒョウについて

食肉目ネコ科ヒョウ属ヒョウの一亜種。ヒョウの中では最北の極東ロシアに生息する。密猟や森林伐採により個体数が減少し、絶滅の危機に瀕しており、野生下の生息数は近年やや回復したもののわずか100頭余りが確認されているだけである。IUCNレッドリストによる分類は、ごく近い将来絶滅の危険性が極めて高いとされる「絶滅危惧IA類(CR)」。

国内のアムールヒョウ飼育状況

8園館15頭(オス7頭、メス8頭) ※2018年12月31日現在