神戸市-KOBE-


学校跡地利活用事業に係る事業者募集

記者資料提供(令和元年8月8日)
行財政局
資産活用部資産活用課

湊山小学校跡地、雲雀丘小学校跡地

学校跡地利活用事業に係る事業者募集

公募型プロポーザル方式による市有財産の活用

 神戸市では、平成30年度に学校跡地利活用に係るサウンディング型市場調査を実施し、様々なご提案も頂いてきているところですが、この度、2学校跡地にて利活用事業を自ら実施する事業者(優先交渉権者)を募集します。
 募集にあたっては、民間企業等のノウハウを活かした事業提案を広く求める公募型プロポーザル方式により事業計画提案を募ることとし、優れた提案を示す事業者を選考します。 
 なお、応募に際しては、上述の「サウンディング型市場調査」による提案をされたかどうかに関わらず参加可能です。

1-1.対象学校跡地(1) 湊山小学校跡地

1.物件情報

所在地:神戸市兵庫区雪御所町
敷地面積:5,380.77平米
用途地域:近隣商業地域、第1種中高層住居専用地域
活用法:(土地) 事業用定期借地
     (建物) 売却(一部解体条件付)

2.利活用方針

「地域を活性化し、地域への若年世帯の流入傾向を更に促進させる事業用途」
 近年の当該地周辺地域は、古くからの家屋を取壊し新しい住居建築が進むなど、若年世代の増加傾向が見られています。これは、まちの活性化、空家空地対策等を考える上でとても好ましい状況であると考えており、地域のこれらの状況をさらに促進させていくための事業の用途に活用することとします。

1-2.対象学校跡地(2) 雲雀丘小学校跡地

1.物件情報

所在地:神戸市長田区雲雀ヶ丘1丁目
敷地面積:8,322.17平米
用途地域:第1種中高層住居専用地域
活用法:(土地) 売却
     (建物) 売却(一部解体条件付)

2.利活用方針

「地域に活力を与える事業の用途」
 当該地のある丸山地区は長田区北部に広がる丘陵地で、戦後、良好な景観もあり急速に宅地開発が進展し人口が増加した地域ですが、近年は世帯数が減少し、少子高齢化傾向が顕著に見られる地域です。
 当該地においては「地域に、再度、活力を与える事業」の用途に活用することとします。

2.選考方法

 応募申込資格を審査後、外部有識者を含む選考委員会において、事業実施計画などの提案内容について審査を行い、評価の高かった順に、優先交渉権者(1者)及び次点者(1者)を選考します。

3.主なスケジュール

(1)募集要項の配布
  令和元年8月8日(木曜)〜令和元年10月15日(火曜)
(2)応募予定者登録及び現地説明会出席者登録
  令和元年8月8日(木曜)〜令和元年8月26日(月曜)                 
(3)現地説明会
  令和元年8月28日(水曜)〜令和元年8月29日(木曜)
  (応募予定者登録済の方のみ受付可)
(4)応募申込書受付
  令和元年9月24日(火曜)〜令和元年10月15日(火曜)
  ※事前電話予約要(応募予定者登録済の方のみ受付可)
(5)優先交渉権者の決定及び発表
  令和元年11月上旬予定

4.関連情報

募集要項配布期間中、以下のアドレスに公募資料一式を公開します。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/publicsell/sell/nyusatsu02/index.html

5.お問い合わせ

行財政局資産活用部資産活用課 稲田・野澤
TEL 078−322−5051