神戸市-KOBE-


ベルデ名谷住宅 子どもの居場所事業

記者資料提供(令和元年8月6日)
垂水区社会福祉協議会

ベルデ名谷住宅 子どもの居場所事業

 垂水区社会福祉協議会では、平成28年度から市営住宅であるベルデ名谷の子どもたちを主な対象に、夏休みの居場所を独自で提供しています。
 今年度は、県立神戸商業高等学校の生徒が、授業で学んだSDGs(持続可能な開発目標)を実践するために、子どもの居場所作りの取組みである「なつやすみいっしょにすごそう」で「子ども食堂」を開催します。高校生が参加して開催するのは垂水区社会福祉協議会として、初の取組みとなります。
 これにより、高校生は学校内ではできない地域に密着した実践ができ、子どもたちは、より年齢の近い高校生と触れ合うことで、近い将来のモデルとすることができます。

昨年度の様子
昨年度の様子

日時

令和元年8月23日(金)10時30分〜14時00分

会場

ベルデ名谷 地域交流拠点(垂水区名谷町字高曽2300-1)

内容

県立神戸商業高等学校生徒(約5名)及び神戸学院大学のボランティア(4名)等が、子どもたちの宿題をサポートするほか、一緒に昼食を作っていただきます。
10:30〜11:30 学習サポート
11:30〜13:00 昼食づくり、昼食
13:00〜14:00 SDGsを知るためのすごろくゲーム

定員

20名

参加費

一人100円

申し込み

事前申し込み、当日参加も可能

その他

子どもの居場所は、8月6日・9日・20日も開催します。ちらしを参照。

協力

県立神戸商業高等学校・神戸学院大学学生ボランティア

主催

社会福祉法人神戸市垂水区社会福祉協議会

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。