神戸市-KOBE-


KIITO:プロからパンづくりを学ぶ〈パンじぃ〉を新開地エリアで募集!

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

記者資料提供(令和元年8月6日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

いくつになっても学ぶ楽しみ

KIITO:プロからパンづくりを学ぶ〈パンじぃ〉を新開地エリアで募集!

 神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、次のとおりイベントを行いますので、ぜひご参加ください。

画像
 

プロから“本気”でパンづくりを学ぶ、〈パンじぃ〉を新開地エリアで募集します。

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、平成27年に開催した高齢化社会を考える展覧会「LIFE IS CREATIVE」にて、男性高齢者を対象としたワークショップ「男・本気のパン教室」を開催しました。ワークショップでは、神戸市内のパン職人の協力のもとで、実際にプロからパンづくりを学び、展覧会の会期中に作ったパンを来場者に試食してもらう成果発表を行うなど、つくる・学ぶだけではなく、その技術を活かして地域のイベントなどで活躍することを視野にいれたプログラムを展開しました。そこから生まれたシニア男性チーム〈パンじぃ〉たちは、展覧会以降も定期的な自主練習やKIITOが企画するスキルアップ講座へ参加し、それぞれの楽しみを見つけてパンづくりを継続して行っています。また、自治体などから依頼を受けて出店する機会も増え、参加者たちは〈パンじぃ〉として、活躍する場を広げています。
そしてこの度、令和元年秋に神戸で開催されるアート・プロジェクト「TRANS-KOBE」のパブリックプログラムの1つとして、「男・本気のパン教室」新開地編を開催するにあたり、地域のイベントなどで活躍するシニア男性チーム「パンじぃ」を新たに新開地エリアで募集する運びとなりました。
今回パンづくりを教えてくれるのは、兵庫の人気のパン屋さん「ブーランジェリー・レコルト」の松尾裕生さんです。
参加者の皆さんには、パンづくりを学んだ後、新開地でお披露目会を行い、さらに、アート・プロジェクト「TRANS-KOBE」のイベントとして、パンの販売を行います。パンが好きな方、パンづくりに興味のある方、また、地域やご家庭に向けて何かチャレンジをしたい方も是非ご応募ください。初心者の方、調理経験のない方でもご参加いただけます。みなさまのご応募をお待ちしております。

開催概要

TRANS-KOBE×KIITO連携企画「男・本気のパン教室」新開地編

プログラム日程:
第1回 9月2日(月曜)パン教室1 会場:ブーランジェリー・レコルト 13時から16時
第2回 9月5日(木曜)参加者のみの練習日 会場:そんぽの家 兵庫柳原 13時から16時
第3回 9月9日(月曜)パン教室2 会場:ブーランジェリー・レコルト 13時から16時
第4回 9月12日(木曜)参加者のみの練習日 会場:そんぽの家 兵庫柳原 13時から16時
成果発表1 9月18日(水曜)お披露目会 会場:いきいきサロン新開地 11時から15時
成果発表2 9月29日(日曜)TRANS-KOBEイベント「パンじぃのパン屋さん」 会場:本町まちづくり工房 10時から15時

会場:ブーランジェリー・レコルト(神戸市兵庫区大開通7-5-16)、そんぽの家 兵庫柳原(神戸市兵庫区三川口町3-5-15)、本町まちづくり工房(神戸市長田区二葉町3丁目1-10)
講師:松尾裕生(ブーランジェリー・レコルト オーナーシェフ)
参加費:無料
定員:6名(事前申込制、応募多数の場合抽選)
参加条件:新開地エリアにお住まいのおおむね60歳以上の男性で、会場まで通うことができ、原則全日程参加可能な方。
申込方法:氏名、フリガナ、生年月日、ご住所、お電話・FAX番号、メールアドレス、応募の動機をご記入の上、FAX、またはメールにてお申込みください。ウェブサイトでもお申込を受け付けています。http://kiito.jp/
送り先 FAX:078-325-2230 / メール:event@kiito.jp(いずれも担当:加藤・藤墳)
応募締切:8月20日(火曜)まで ※当選された方のみ、8月23日(金曜)までにご連絡を差し上げます。
主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸
共催:TRANS-KOBE実行委員会
協力:兵庫区社会福祉協議会、新開地あんしんすこやかセンター、SOMPOケア株式会社、株式会社Happy

講師プロフィール

松尾裕生 
ブーランジェリー・レコルト オーナーシェフ
元臨床検査技師という異色の経歴を持つ。病院勤務時代に「食」の健康に及ぼす影響に気づき、自身でパンづくりを始める。やがてその魅力に惹かれ、プロの職人になる為、神戸の老舗ベーカリー「ビゴの店」をはじめ、いくつかの店で修業。2012年に兵庫区大開で独立を果たし、現在は2店舗のオーナーシェフ。レストランや店舗への販売のほか、海外などで講習会の講師も務める。

(参考)TRANS- とは

画像2019年秋に神戸で開催されるアート・プロジェクトです。神戸がグローカル・シティの先鋒となるべく、現代アートを切り口に何かを“飛び越え、あちら側へ向かう”ための試みです。世界各地で開催が相次ぐ芸術祭とは一線を画し、参加作家を2名と少数に絞ります。会期中は神戸の3つのエリアを舞台に、美術作品や野外劇など様々な仕掛けが出現します。