神戸市-KOBE-


神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸内通路における金属部材の落下

記者資料提供(令和元年8月2日)
建設局公園部管理課
指定管理者 公益財団法人神戸市公園緑化協会

神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸内通路における金属部材の落下

1.事故発生時の状況

8月2日(金曜)午前8時40分頃、神戸総合運動公園(須磨区緑台)のグリーンアリーナ神戸内において開館準備を行っていた際、2階東側の観客席通路に、高さ約3.4mの庇部分から、金属部材の一部(長さ78cm、幅2cm、厚さ0.5cm、重さ215g)が落下しているのをスタッフが発見しました。
なお、これに伴う人的・物的等の被害はありませんでした。

2.事故の原因

金属部材は2点をビスで固定しておりますが、何らかの原因でビスが緩み、落下したと考えられます。

3.対応状況

落下した金属部材を撤去するとともに、目視により他の庇部分を確認しましたが、異常は認められませんでした。利用者の安全に配慮し、当該場所及び同様の構造である西側の通路部分の立ち入りを制限しました。
また、8月3日(土曜)に、業者による緊急点検を実施する予定です。
なお、グリーンアリーナ神戸は通常通り営業しています。

グリーンアリーナ

グリーンアリーナ2