神戸市-KOBE-


「パンから見る地球〜パンからはじめる6次産業化とその可能性〜」通年受講生募集

記者資料提供(令和元年8月1日)
経済観光局
農政部農水産課

食都神戸・スローフードアカデミー

「パンから見る地球〜パンからはじめる6次産業化とその可能性〜」通年受講生募集

神戸市では、世界的な「食」の専門機関であるSlow Food Internationalとの連携をすすめ、神戸の「食文化」の向上や「食」によるまちの活性化につなげ、「食都神戸」の実現に寄与する事業を実施しています。
この度、6次産業化などに取り組む「食」の人材、将来のリーダー育成をはかる神戸スローフードアカデミー「パンから見る地球 〜パンからはじめる6次産業化とその可能性〜」を開催いたします。全国から集まる講師陣の講義とその分野のスペシャリストによるインターンに参加できる機会ですので、食の分野ですでに活動をされている方もこれから目指す方も、是非ご応募ください。

1 アカデミー概要

(1)プログラム
「パンからみる地球」のテーマに沿って、2日間全5 回開講します。(講義10 テーマ、インターンシップ5ヶ所)『経済』『アウェアネス(消費者意識)』『フードサイクル』『農業』『地域』の5つをテーマに開講し、最終回には発表会を予定しています。
(2)開催期間 令和元年10月末〜令和2年3月末まで(講義10回、インターンシップ5箇所を予定しています。)
(3)開催場所 神戸市内各地
(4)主 催 一般社団法人 スローフードインターナショナル・神戸市経済観光局農政部農水産課
(5)詳細ページ  https://www.slowfood-nippon.jp/academy2019(Slow Food Nipponホームページ)

2 募集概要

(1)応募期間令和元年9月30日(月曜)まで
(2)応募条件6次産業に興味があり、連続受講が可能な方で、かつ1,2のいずれかに該当する方を対象とする(1の方を優先いたします)
 1 農漁業者として従事していること
 2 食に関することを職業、または学業として取り組んでいること
(3)参加費通年受講10,000 円  学生 5,000円
(4)人数  通年受講生 定員15 名
※定員をこえる応募があった場合は審査のうえ選考し決定いたします。

3 食都神戸とは

瀬戸内海に面した港町神戸は、都市と農村が近く、豊かな自然に囲まれ、質の高い農水産物が生産されています。また、港町として交易を中心に栄えてきた経緯から、他の都市では見られない独自の多様な食文化が醸成されています。
この神戸が持つポテンシャルを活用し、農水産物のブランド化や、海外への輸出、神戸らしい新たな食の開発など、食ビジネスを育て、食ビジネスを活かし、食を軸とした新たな都市戦略「食都神戸」を掲げ、世界の人々が集い、食で賑わう、そんな世界に誇る食文化の都の構築をすすめます。