神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園"須磨海浜水族園を舞台にした映画「スマスイ」完成!

 

記者資料提供(令和元年7月24日)
神戸市立須磨海浜水族園

現在のスマスイを、本格的な映画で後世に残す!!

”須磨海浜水族園"須磨海浜水族園を舞台にした映画「スマスイ」完成!

夏休み期間中園内で無料上映します!

 須磨海浜水族園は、この先、施設の建て替えが予定されています。そこで、当園の現況を記録映像で残すことを狙い、今年の2月から当園を舞台にしたフィクション映画を製作していました。この度、無事完成し、それを記念して、夏休み期間中に園内にて一般公開します。
 当園は、1987年に現施設へとグランドオープン(開業は1957年)以降、およそ4,200万人のお客様をお迎えしてきました。今では、“スマスイ”の愛称のもと、親子3世代共通の想い出の場所になっているとお声かけいただくことも増え、きっと多くの市民のみなさんの思い出のなかにスマスイがあるのではないでしょうかと想像しております。
 施設の老朽化もあり、現施設もこの先建て替えることになりますが、次代への記録と記憶の継承のため「今のスマスイを映像で残しておこう!!」と考えました。しかし、ただ施設を映した記録映像では、みなさんにご覧いただく機会は少なく、ライブラリーで眠ってしまうだろうと考え、どうせなら当園を舞台にした映画という形で残すことにしました。そのため、スマスイのさまざまな場所、施設が舞台として登場します。ぜひ、みなさんの想い出を登場人物に重ねてご覧いただければ幸いです。
 なお上映に併せて、撮影メイキング画像やスマスイの歴史をパネルでご紹介します。

撮影風景

1.タイトル

「スマスイ」

2.上映期間

2019年8月9日(金曜)〜9月1日(日曜)

3.上映時間

12時〜、14時〜、16時〜、18時〜 (各回約70分)

4.上映場所

当園 本館3階 悠ちゃんコスモス 特設シアター

5.観覧料

無料(別途入園料要)

6.内容

 転職した中年新人飼育員、就職活動に励む女子大生、末期がんに侵された医者など須磨海浜水族園(“スマスイ”)をメイン舞台に交錯する人々を描くヒューマンドラマ。

【ストーリー】 職を失い妻に逃げられた中年男「田中一郎」が紆余曲折の上、新しい職場に選んだのは「須磨海浜水族園」。一郎はそこで新人飼育員として新たな人生のスタートを切る。就職活動に悩むかずえと熱帯魚オタクの慎太郎。かつてはインテリアコーディネーターとして活躍した山村真希とその夫健介。病を患い余命を宣告された寺田吉彦医師と長年連れ添った妻の祐子。
 それぞれにパートナーとの関係を思い悩む三組のカップルが水族園を訪れる。ひょんなことから互いに触れ合った、3組のカップルはそれぞれの思いと関係に向き合っていくこととなる。そして飼育員としての仕事を重ね、人として成長していく一郎。
水族園を舞台に、人々の「優しさ」と「前に向かう気持ち」が溢れていく。

7.映画公式サイト

https://www.sumasui.jp/movie 

8.映画公式Twitter アカウント

sumasui_movie

9.監督・脚本

原案・製作統括 岡田誠司、監督・編集 岡 誠、監督・脚本 川浪ナミヲ

10.「スマスイ」製作委員会について

 本映画製作にあたり、神戸市民を中心として製作した震災啓蒙映画「大災獣ニゲロン」(2017年公開)の製作陣が再集結し、製作委員会を立ち上げました。この製作人たちは、「映画鑑賞好き」が高じて、自分の手で映画を製作したくなった人間の集まりです。今回、「スマスイ」の映画構想を相談すると、二つ返事でOKをいただきました。(各々仕事を持っているので、比較的ちょっと暇になるのが2月なので、ニゲロン撮影時同様、毎回真冬の製作となります)
 製作に携わった各人共通して、神戸への想い、映画への愛情が深すぎて、今後も神戸の地域や施設を舞台にした映画を撮り続けたいと考えています。撮影は2月になりますが・・・。

【「スマスイ」製作委員会 メンバー】
須磨海浜水族園、株式会社ラジオ関西、KOBE鉄人PROJECT事務局、ヒョウゴベンダ、株式会社神戸デジタル・ラボ

11.協力

078FILM、神戸フィルムオフィス 他

12.備考

9月下旬よりOSシネマズ神戸ハーバーランドにて上映予定(詳細調整中)




報道関係者のみなさまへ

試写会開催のご案内

 一般公開に先立ちまして、報道関係者の方および本映画撮影関係者を対象に映画「スマスイ」の試写会を下記のとおり開催いたします。
 ご多用のことと存じますが、ご参加いただければ幸いです。

開催日時

2019年8月5日(月曜) 15時〜17時 (受付開始14時30分)

開催場所

神戸三宮シアター・エートー
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目6-9
※駐車場はありません。お車でお越しの場合、周辺駐車場をご利用下さい。

内容

・製作委員会 代表挨拶 (映画撮影趣旨について)
・映画上映 (約70分間)
・質疑応答

参加予定者

出演者(俳優) 岡本拓郎、山口尋美、南志保、吉岡幹夫、上西絵莉奈
原案・製作統括 岡田誠司
監督・編集  岡 誠
監督・脚本 川浪ナミヲ  他

試写観覧(取材)頂ける方は、2019年8月3日(土曜)までに、
須磨海浜水族園 経営企画課 中山、片山(電話078-731-5020)までご連絡下さい。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。