神戸市-KOBE-


玉津第一小学校におけるモルタル片の落下について

記者資料提供(令和元年7月16日)
教育委員会事務局
学校支援部学校環境整備課

玉津第一小学校におけるモルタル片の落下について

1.発生時の状況

 令和元年7月16日(火曜)午前10時40分頃、神戸市立玉津第一小学校において、校舎1階にある庇(高さ約2.9m)からモルタル片が落下しました。
 モルタル片の大きさは縦10cm×横4.5cm×厚さ2cm程度、重さは約100g程度です。
 落下したモルタルが2年生男子児童の頭部(右耳の上部)にわずかに接触しましたが、外傷はありませんでした。

2.事故の原因

 当該モルタルは、鋼製の庇支持材と建物壁面を接合するために施工したもので、劣化により剥離したものと考えられます。

3.事故後の対応

 当該校舎の周辺は、すぐに立入禁止の安全措置を行いました。
 当該部分及び校舎の他の庇についても、モルタル片の落下の危険性がないかの確認を行い、補修等の安全対策を行います。
 また、市内の学校園について、同様の庇支持材を使用している校舎について、早急に点検を実施します。

庇と壁面の接合部

庇と壁面の接合部

落下したモルタル片

落下したモルタル片