神戸市-KOBE-


「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS 7サミット」開催

記者資料提供(令和元年7月12日)
市民参画推進局
スポーツ振興部スポーツ振興課

「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS 7サミット」開催

趣旨

日本陸上競技連盟では、2017年5月「JAAFビジョン」を策定し、そのミッションとして、2040年には陸上競技・ランニング人口を2,000万人にすることを目指し、正しいランニングの普及、安心・安全な大会づくり、市民ランナーにアプローチするための登録制度の見直し、記録と連携したサービスの構築などを進めることとしています。
こうした中、事務局においても「JAAFビジョン」を踏まえ、2018年に「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS」を発足させ、県内各地で開催されている主要大会の成績優秀者を神戸マラソンに招待するなど相互連携に取り組んできましたが、これに加え「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS 7サミット」を開催し、相互連携事業の拡充などさまざまな方策について協議、研修を行い各大会の活性化を図ります。

主催

神戸マラソン実行委員会事務局

日時

令和元年7月19日(金曜)14時から16時45分
(14時から14時30分 受付)

会場

兵庫県立ひょうご女性交流館 501
神戸市中央区下山手通4丁目18-1
電話:078−221−8031

日程

14時   受付
14時30分 開会挨拶
14時35分 講演会
15時20分 質疑応答
15時30分 休憩
15時40分 情報交換会
16時30分 助言
16時40分 閉会挨拶

参加対象

「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS」事務局関係者

内容

(1)講演会

・テーマ
 「市民マラソンに求められるもの」
 〜東京オリンピック後の市民マラソンについて〜
・講 師
 高尾 憲司 
  株式会社ブルーミング代表
  立命館大学男子陸上部長距離コーチ

(2) 情報交換会

・各大会より、課題等発表
・高尾氏より、助言

参考

KOBE MARATHON HYOGO MAJORSとは

兵庫県内で開催されるマラソン大会と連携し、県内でのマラソンムーブメントを盛り上げる取り組みとして「KOBE MARATHON HYOGO MAJORS」プログラムを第8回神戸マラソンからスタートしました。
このプログラムを通じて、神戸マラソンに参加するランナーの皆さんに国際陸上競技連盟(IAAF)ブロンズラベルのレースを体感していただき、県内の競技力向上やさらなるマラソンファンの増加を目指します。
県内の各大会とも広く提携し、各大会から選出された上位入賞のランナーに神戸マラソンへの参加の機会を提供します。

【対象大会】
六甲シティマラソン大会(10km)
“日本のへそ”西脇子午線マラソン大会(ハーフ)
三田国際マスターズマラソン(ハーフ)
加古川マラソン大会
世界遺産姫路城マラソン
丹波篠山ABCマラソン大会