神戸市-KOBE-


令和元年度 ネットモニターアンケート「身近な防災の取組みについて」の結果

記者資料提供(令和元年7月4日)
危機管理室

令和元年度 ネットモニターアンケート「身近な防災の取組みについて」の結果

 神戸市は自然災害に備え、治山や河川改修、防潮堤の整備などの事業を進めていますが、災害発生時には、自分の命は自分で守ることが大切であり、そのための備えをみなさんそれぞれで考えておかなければなりません。 
 身近な“備え”の状況などをお伺いし、今後の施策の取組みを考えていく上での参考とさせていただくためアンケートを実施しました結果をお知らせします。

1.実施期間

令和元年5月14日(火曜)から5月27日(月曜)まで

2.結果概要

<回答結果等は、「神戸市ネットモニターアンケート調査結果 令和元年度実施【5月】」をご覧ください>
(ページ最下部にリンクあり)

《備蓄》について

○南海トラフ巨大地震に備え、必要な家庭での備蓄は「最低3日分、できれば7日分」。今回の調査で3日分以上備蓄している方は4割でした。
○「くらしの防災ガイド」のチェックリストなどを参考に、各自必要なものと量を、ローリングストック法を活用し、大雨・台風などにも備えていただけるよう啓発に努めてまいります。

《家具の固定や配置の工夫》について

○地震発生時の家具の転倒などについて7割以上の方が対策を講じていることが分かりました。住宅の耐震化がすすめられている一方で、昨年発生した大阪北部地震では家具の転倒が原因で亡くなった方もいらっしゃいました。
○「家具固定補助制度」及び「家具固定専門員派遣制度」を8割以上の方が知らないという結果を踏まえ、効果的な広報・啓発活動に努めてまいります。

《感震ブレーカー》について

○通電火災の予防に効果的な「感震ブレーカー」を、7割以上の方が知らないという結果でした。
○費用と設置方法について理解していただけるような広報活動に努めるとともに、停電への備えも啓発してまいります。

3.神戸市ネットモニター制度について

神戸市ネットモニター 本市では、インターネットによるアンケート調査などで、市民の皆さんから市政に対するご意見・ご提案をよりスピーディにお聴きし、効果的に市政に反映させることを目的として、「神戸市ネットモニター」制度を実施しています。
(令和元年6月1日現在の登録者 5,453人)
 今回のアンケートでは、アンケート実施時にネットモニターに登録されている5,445名のうち、3,712名に回答いただきました。