神戸市-KOBE-


神戸総合運動公園体育館のエレベーター停止による閉じ込め事故発生について

記者資料提供(令和元年7月2日)
建設局公園部管理課
指定管理者 公益財団法人神戸市公園緑化協会

神戸総合運動公園体育館のエレベーター停止による閉じ込め事故発生について

1.事故発生時の状況

6月29日(土曜)午後2時15分頃、神戸総合運動公園(須磨区緑台)の体育館内において、エレベーターが停止し、4名のご利用者の方が閉じ込められる事故が発生しました。
閉じ込められたご利用者の方にけが等はなく、約35分後に無事脱出しています。

2.事故の原因

エレベーター制御盤内の制御電圧発生部品が故障し、これにより制御電圧が低下したため停止したものです。なお、故障の原因は、経年劣化と考えられます。
当該エレベーターについては、月1回の定期点検を実施していますが、前回の定期点検(6月11日実施)において当該故障は検出されませんでした。

3.対応状況

6月29日(土曜)
午後2時15分頃 故障発生・通報確認
午後2時50分頃 ご利用者の方がエレベーターの外に脱出
           以降、原因調査及び部品手配を行う
6月30日(日曜)故障箇所を修理し再度点検後、午後5時頃運転再開

4.今後の対応

令和2年2月頃に当該エレベーターの更新工事を予定しています。
なお、当該エレベーターについて、着工までの期間に経年劣化等による故障リスクが高いものについては、交換等の対応を行う予定です。

5.エレベーターの概要

製造者名    (株)東芝
竣工年月日  平成5年6月3日